Changes between Version 2 and Version 3 of InterTrac


Ignore:
Timestamp:
12/07/15 15:40:17 (4 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • InterTrac

    v2 v3  
    3030プレフィックスでは大文字 / 小文字は区別されません。 
    3131 
    32 もし InterTrac リンクがスクウェアブラケットで括られている場合(`[trac:SpamFilter]` のように), リンクとして表示する際に、 InterTrac のプレフィックスは取り除かれ、普通のリンクであるかのように、リソルバが扱います (例: 上記の例では `SpamFilter` と表示されます)。 
     32もし InterTrac リンクがスクウェアブラケットで括られている場合(`[trac:SpamFilter]` のように), リンクとして表示する際に、 InterTrac のプレフィックスは取り除かれ、普通のリンクリソルバであるかのように扱います (例: 上記の例では `SpamFilter` と表示されます)。 
    3333 
    3434簡易な方法として、他にも省略形があります。 
     
    6767   ローカルの Trac で正しいリンクを生成します。 
    6868   通常使用するほとんどのリンクを生成できますが、すべてのリンクが動作するわけではありません。 
    69    これを互換モード (compatibility mode) と言い、デフォルトで `true` になっています 
     69   これを互換モード (compatibility mode) と言い、デフォルトで `true` になっています 
    7070 * リモートの Trac が InterTrac リンクをディスパッチできると分かっている (訳註: リモートの Trac のバージョンが 0.10 以降である) 場合、 
    7171   互換モードを明示的に無効化することで、 TracLinks の ''すべての'' 
    72    機能を InterTrac リンクで使用できるようになります 
     72   機能を InterTrac リンクで使用できるようになります 
    7373 
    7474上記の例を設定すると、以下のようなリンクを使用することができます: 
     
    8484   * `trac:changeset:1912` trac:changeset:1912 
    8585   * `[T1912]` [T1912] 
    86  * リビジョンログの範囲指定 [3300:3330]: '''(Note: `trac.compat=false` を設定する必要があります)''' 
     86 * リビジョンログの範囲指定 [3300:3330]: '''(Note: `trac.compat=false` を設定する必要があります)''' 
    8787   * `trac:log:@3300:3330` trac:log:@3300:3330 
    8888   * `[trac 3300:3330]` [trac 3300:3330] 
    89  * リモートの Trac のスタートページにリンクするためには、明示的なリンクの内部にプレフィックスに続いて ':' を記述します。例: `[th: Trac Hacks]` (''0.11 以降; ''リモート'' の Trac も 0.11 で動いている必要があります'') 
     89 * リモートの Trac のスタートページにリンクするためには、明示的なリンクの内部にプレフィックスに続いて ':' を記述します。例: `[th: Trac Hacks]` (''0.11 以降は注意してください。 ''リモート'' の Trac も 0.11 以降で動いている必要があります'') 
    9090 
    9191通常の形式 `<InterTrac のプレフィックス>:モジュール:識別子` は