Changes between Version 1 and Version 2 of TracAdmin


Ignore:
Timestamp:
09/18/14 10:48:12 (5 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracAdmin

    v1 v2  
    44Trac は強力なコマンドラインの管理ツールとともに配布されています。このツールで Trac を管理/設定し、インストールを用途に合わせてカスタマイズすることができます。 
    55 
    6 れらの操作のうち主要なものについては、 ''管理'' (英語版では ''Admin'') Web インタフェースでも行うことができます。 [http://trac.edgewall.org/wiki/WebAdmin WebAdmin] の最新アップデートが Trac に統合されています。 (0.11 以降) 
     6こに挙げる操作の一部は ''管理'' (英語版では ''Admin'') Web インタフェースでも実行することができます。バージョン 0.11 以降で [http://trac.edgewall.org/wiki/WebAdmin WebAdmin] プラグインは Trac 本体に統合されました。 
    77 
    88== 使い方 == #Usage 
    99 
    10 `trac-admin` コマンドを `help` オプションつきで起動することによって、利用できるコマンド/サブコマンドの分かりやすいオプションリストを見ることができます: 
    11 {{{ 
    12 trac-admin help 
    13 }}} 
    14  
    15 `help`, `about`, `version` のサブコマンドを実行しないならば、第1引数に管理したい TracEnvironment へのパスを指定する必要があります。例えば: 
     10ほぼ全ての `trac-admin` コマンドにおいて、以下の例に示す通り、第1引数には管理対象とする TracEnvironment のパスを指定する必要があります: 
    1611{{{ 
    1712trac-admin /path/to/projenv wiki list 
    1813}}} 
     14 
     15唯一の例外は `help` コマンドで、 Environment を指定しない場合でも動作し、使用できるコマンドの簡易なリスト (`help` や `initenv` のような) を表示します。同じリストは、引数を指定せずに `trac-admin` コマンドを使用した場合も表示されます。 
     16また `trac-admin --version` を使用すると (0.12 のような形式の) Trac のバージョンを表示します。 
     17 
     18使用できるコマンドやサブコマンドの完全なリストを取得したい場合は、 Environment のパスを指定してください: 
     19{{{ 
     20trac-admin /path/to/projenv help 
     21}}} 
     22 
     23一部のコマンドでは、 `help` のサブコマンドとしてコマンド名を指定することで、より詳細なヘルプをみることができます: 
     24 
     25{{{ 
     26trac-admin /path/to/projenv help <command> 
     27}}} 
     28 
     29=== `trac-admin <targetdir> initenv` === #initenv 
     30 
     31このサブコマンドは、指定された `<targetdir>` に TracEnvironment を作成する、とても重要なコマンドです。対象のディレクトリが実行時に存在するとエラーになります。 
     32 
     33[[TracAdminHelp(initenv)]] 
     34 
     35`--inherit` オプションを使用すると、グローバルな設定ファイルを指定することができます。このファイルは複数の Environment 間で共有されます。共有する設定ファイルを後から設定したい場合は、 Environment に含まれる `conf/trac.ini` ファイルに `[inherit] file` オプションを設定してください。 Environment 作成時のオプションでグローバルな設定ファイルを指定すると、自動的に `conf/trac.ini` ファイルにオプションが記載され、重複するオプションについては作成時に設定する必要がなくなるというメリットがあります。 
     36詳細は [TracIni#GlobalConfiguration TracIni#グローバルな設定] を参照してください。 
     37 
     38Note: Trac のバージョン 0.11 では `initenv` の最終引数 `<templatepath>` が廃止されました。この引数は以前のバージョンでは `templates` ディレクトリの場所を指定するのに使用されていました。現在のコマンドはワンライナーでは '`trac-admin /path/to/trac/ initenv <projectname> <db> <repostype> <repospath>`' となるので、以前と同じ引数で起動すると ''''`Wrong number of arguments to initenv: 4`'''' というエラーが発生します。このエラーが発生した場合、 '''古い''' バージョンの Trac に同梱されている `trac-admin` スクリプトが動いていると考えられます。 
    1939 
    2040== 対話モード == #InteractiveMode 
     
    3858== 完全なコマンドリファレンス == #FullCommandReference 
    3959 
     60以下に示すのは `trac-admin` で標準的に使用できる全てのコマンドの詳細なヘルプです。 `trac-admin <yourenv> help` で表示されるリストとは一致しないこともありますが、 Environment で無効化されているコンポーネントに由来するコマンドは表示されず、逆に  Environment で有効化されているプラグインによって提供されるコマンドが別途表示されるためです。 
     61 
    4062[[TracAdminHelp()]] 
    41  
    42  
    43 === Notes === 
    44  
    45 `initenv` では `--inherit` オプションを使用できるようになりました。これは Environment 作成時に `[inherit] file` オプションを指定できます。このオプションはグローバル設定ファイルの中では ''設定しない'' でください。新たに作成された Environment の conf/trac.ini ファイルに書き出されてしまいます。 
    46 詳細は TracIni#GlobalConfiguration を参照してください。 
    47  
    48 Trac 0.11 では `initenv` の最後の引数であるt `<templatepath>` が廃止されました。この引数は以前のバージョンでは `templates` ディレクトリの場所を指定していました。コマンド '`trac-admin /path/to/trac/ initenv <projectname> <db> <repostype> <repospath>`' を使用した時に ''''`Wrong number of arguments to initenv: 4`'''' というエラーが発生した場合、使用している `trac-admin` のスクリプトが '''古い''' バージョンの Trac のものである可能性があります。 
    4963 
    5064----