Changes between Version 2 and Version 3 of TracBackup


Ignore:
Timestamp:
12/07/15 15:40:17 (4 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracBackup

    v2 v3  
    1919バックアップされたディレクトリは、 `tar` や `dump`/`restore` のような通常のファイルベースのバックアップツールで、安全に取り扱うことができます。 
    2020 
    21 Note: hotcopy コマンドはバックアップ先ディレクトリが存在していた場合、上書きを行うことが出来ないため、次のエラーで失敗します: `Command failed: [Errno 17] File exists:` この問題は [http://trac.edgewall.org/ticket/3198 本家チケット 3198] で議論されています。(訳注: 上書きを行わない動作のまま変更されない方向で議論が進んでいます。同チケットで運用回避の手順が示されています。) 
     21Note: hotcopy コマンドはバックアップ先ディレクトリが存在していた場合、上書きを行うことが出来ないため、次のエラーで失敗します: `Command failed: [Errno 17] File exists:` この問題は [trac:#3198 本家チケット 3198] で議論されています。(訳注: 上書きを行わない動作のまま変更されない方向で議論が進んでいます。同チケットで運用回避の手順が示されています) 
    2222 
    2323=== バックアップからの復元 === #RestoringaBackup 
     
    2727Environment をバックアップから復元する場合、 Trac を起動しているプロセス (Web サーバ、または [wiki:TracStandalone tracd]) を停止してから、コンテンツをバックアップ (path/to/backupdir) から [wiki:TracEnvironment プロジェクトの Environment] ディレクトリに書き戻して、サービスを再起動します。 
    2828 
    29   ''Note: バックエンドのデータベースとして SQLite を使用しない環境の自動バックアップは現時点ではサポートされていません。回避策として、データベースシステムがどんなメカニズムを提供しているとしても、サーバを停止し、環境のディレクトリ構造をコピーし、データベースの稼働中にバックアップを取ることをお勧めします。'' 
    30  
    3129---- 
    32 See also: TracAdmin, TracEnvironment, TracGuide, [http://trac.edgewall.org/wiki/TracMigrate TracMigrate] 
     30See also: TracAdmin, TracEnvironment, TracGuide, [trac:TracMigrate TracMigrate]