Changes between Version 2 and Version 3 of TracEnvironment


Ignore:
Timestamp:
12/07/15 15:40:17 (4 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracEnvironment

    v2 v3  
    1717 適切なパーミッションの付与を忘れないようにしてください。 
    1818 同じことがソースコードリポジトリにも当てはまりますが、 
    19  Subversion リポジトリの場合は、ファイルシステムに Barkley DB を使用していない場合は、 Trac は読み取りパーミッションしか必要としません; Subversion以外のリポジトリについては、各々のプラグインを確認してください。 
     19 Subversion リポジトリの場合は、ファイルシステムに Barkley DB を使用していない場合は、 Trac は読み取りパーミッションしか必要としません。 Subversion以外のリポジトリについては、各々のプラグインを確認してください 
    2020 
    2121 - `initenv` で Subversion リポジトリを使用するように指定されても、 trac-admin コマンドは指定されたリポジトリのパスに対して `svnadmin create` を実行したりしません。新しい Trac enviroment を作るときに、 Subversion リポジトリも新規で作る場合は、 `svnadmin create` は `trac-admin initenv` よりも前に実行しておいてください。 Environment の初期化中にリポジトリが見つからない場合、 "Warning: couldn't index the repository" というメッセージが表示されてしまいます 
     
    2323 - 非 ASCII 文字を含むパスはサポートされていません 
    2424 
    25  - プロジェクト名に空白文字が混じっていると認証で問題が生じることがありますので注意してください  (See [http://trac.edgewall.org/ticket/7163 #7163]) 
     25 - プロジェクト名に空白文字が混じっていると認証で問題が生じることがありますので注意してください  ([trac:#7163 #7163] を参照して下さい。) 
    2626 
    2727 - [TracIni#GlobalConfiguration グローバル設定ファイル] に定義した [TracIni#inherit-section 共有するプラグインのディレクトリ] に配置した TracPlugins は Environment の作成時はロードされないようになりました。そのため、データベースのテーブルなどを追加で作成する必要がある場合は [TracUpgrade#UpgradetheTracEnvironment Environment をアップグレード] せねばなりません 
     
    5151postgres://johndoe:letmein@localhost/trac 
    5252}}} 
    53 ''"/" 及び "@" はパスワードの一部として使用出来ないので注意してください'' 
     53''"/" 及び "@" はパスワードの一部として使用出来ないので注意してください'' 
    5454 
    5555PostgreSQL がデフォルト以外のポート番号 (例えば、 9432) で起動しているときはこのようにします: 
     
    105105 
    106106Trac 0.12 の `trac-admin` コマンドでは、接続するリポジトリの指定が必須ではなくなりました。デフォルトでは Trac はソースコードリポジトリへの接続を作成せず、メインナビゲーションの ''リポジトリブラウザ'' (英語版では ''Browse Source'') も表示されなくなります。 
    107 ロードされている `trac.versioncontrol.*` コンポーネントを完全に無効化するには下記設定を行ってください 
     107ロードされている `trac.versioncontrol.*` コンポーネントを完全に無効化するには下記設定を行ってください 
    108108{{{ 
    109109[components] 
     
    113113バージョン管理システムによっては、リポジトリへのパスだけではなく、リポジトリ内の ''scope'' を設定することもできます。 
    114114Trac はそのスコープ以下に限定したファイルとチェンジセットに関連する情報を表示します。 
    115 Trac のバックエンドに Subversion を 使う場合は、この機能を利用できます; 
     115Trac のバックエンドに Subversion を 使う場合は、この機能を利用できます 
    116116他のリポジトリシステムについては、対応するプラグインのドキュメントで確認して下さい。 
    117117 
     
    141141 * `db` 
    142142   * `trac.db` - SQLite データベース (SQLite を使用している場合) 
    143  * `htdocs` - Web のリソースを格納するディレクトリURL `/htdocs/site/...` を使用した Genshi テンプレートから参照する ''(0.11 以降)'' 
    144  * `log` - ログファイルのデフォルトディレクトリログ機能が有効に設定され相対パスが与えられた場合に使用する 
     143 * `htdocs` - Web のリソースを格納するディレクトリURL `/htdocs/site/...` を使用した Genshi テンプレートから参照する ''(0.11 以降)'' 
     144 * `log` - ログファイルのデフォルトディレクトリログ機能が有効に設定され相対パスが与えられた場合に使用する 
    145145 * `plugins` - Environment に固有の [wiki:TracPlugins プラグイン] (Python egg または単独のファイル、 [http://trac.edgewall.org/milestone/0.10 0.10] 以降) 
    146146 * `templates` - カスタム (プロジェクトに固有の) Genshi テンプレート ''(0.11 以降)''