Changes between Version 2 and Version 3 of TracFineGrainedPermissions


Ignore:
Timestamp:
12/07/15 15:40:17 (4 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracFineGrainedPermissions

    v2 v3  
    3131=== !AuthzPolicy === #AuthzPolicy 
    3232==== 設定方法 ==== #Configuration 
    33 * [http://www.voidspace.org.uk/python/configobj.html ConfigObj] をインストールする(0.12 でも必要) 
    34 * authz_policy.py を plugins にコピーする(Trac 0.11でのみ必要) 
    35 * [http://swapoff.org/files/authzpolicy.conf authzpolicy.conf] ファイルを適当な場所 (望ましくは、 Web サーバ起動ユーザ以外が読み取りできないセキュアな領域) に配置する。ファイルに非ASCII文字が含まれる場合は UTF-8 で保存してください 
     33* [http://www.voidspace.org.uk/python/configobj.html ConfigObj] をインストールする (0.12 でも必要) 
     34* authz_policy.py を plugins にコピーする  (Trac 0.11でのみ必要) 
     35* [http://swapoff.org/files/authzpolicy.conf authzpolicy.conf] ファイルを適当な場所 (望ましくは、 Web サーバ起動ユーザ以外が読み取りできないセキュアな領域) に配置する。ファイルに非ASCII文字が含まれる場合は UTF-8 で保存してください 
    3636* `trac.ini` ファイルをアップデートする: 
    3737  1. `[trac]` セクションの [TracIni#trac-section permission_policies] を編集する 
     
    4646authz_file = /some/trac/env/conf/authzpolicy.conf 
    4747}}} 
    48   1. [/admin/general/plugin WebAdmin]でプラグインを有効にするか、 `[components]` のセクションを編集する 
     48  1. [/admin/general/plugin WebAdmin]でプラグインを有効にするか、 `[components]` のセクションを編集する 
    4949{{{ 
    5050[components] 
     
    6363個々のポリシーはパーミッションチェックに対して `True`, `False`, `None` を返します。 ポリシーが明示的にパーミッションを許可する場合は、 `True` を返します。明示的に拒否する場合は、 `False` を返します。そして、パーミッションを許可も拒否もできない場合、 `None` が返されます。 
    6464 
    65 NOTE: 戻り値が `None` の場合のみ、 ''次の'' パーミッションポリシーに問い合わせを行います。 
     65Note: 戻り値が `None` の場合のみ、 ''次の'' パーミッションポリシーに問い合わせを行います。 
    6666どのポリシーも明示的にパーミッションを許可しない場合、最終的な結果は `False` となります 
    6767(つまり、権限なしとみなされます)。 
     
    102102 
    103103* セクションは設定ファイルに書かれている '''順に''' 現在の Trac のリソース記述子に対して 
    104   チェックされます。'''順番は重要です''' 
     104  チェックされます。'''順番は重要です''' 
    105105 
    106106* 一度 セッションにマッチすれば、'''順に''' 現在のユーザ名がセッションの 
    107   キー (ユーザ名) と照合されます 
    108   * キー (ユーザ名) の前に `@` を付けると、グループとして処理されます 
     107  キー (ユーザ名) と照合されます 
     108  * キー (ユーザ名) の前に `@` を付けると、グループとして処理されます 
    109109  * 値 (パーミッション) の前に `!` を付けると、そのパーミッションは 
    110     拒否されます 
    111  
    112   通常の Trac パーミッションのルールを適用していれば、ユーザ名は、 'anonymous', 'authenticated', <username>  '*' 等とマッチするはずです。 || '''Note:''' ユーザによって作成された (例えば、ブラウザ上から //管理 / 権限// (英語版では //Admin / Permissions//) の '権限グループの追加' (英語版では 'adding subjects to groups')) グループには使えません。詳細については [trac:ticket:5648 #5648] を参照してください。 || 
     110    拒否されます 
     111 
     112  通常の Trac パーミッションのルールを適用していれば、ユーザ名は、 'anonymous', 'authenticated', <username>  '*' 等とマッチするはずです。 || '''Note:''' ユーザによって作成された (例えば、ブラウザ上から //管理 / 権限// (英語版では //Admin / Permissions//) の '権限グループの追加' (英語版では 'adding subjects to groups')) グループには使えません。詳細については [trac:#5648 #5648] を参照してください。 || 
    113113 
    114114例えば、 `authz_file` が次の内容を含み: 
     
    129129 
    130130結果: 
    131   * WikiStart の全てのバージョンは、 (匿名ユーザも含む) 全員が閲覧できます 
    132   * !PrivatePage は john が表示可能です 
    133   * 他のページは john と jack が表示可能です 
     131  * WikiStart の全てのバージョンは、 (匿名ユーザも含む) 全員が閲覧できます 
     132  * !PrivatePage は john が表示可能です 
     133  * 他のページは john と jack が表示可能です 
    134134 
    135135Groups: 
     
    152152- すべてのアクセスがブロックされます (ホワイトリストアプローチ)。しかし 
    153153- admins グループはすべてにおいて TRAC_ADMIN 権限を取得しており、 
    154 - devs グループは Wiki ページを閲覧可能です 
     154- devs グループは Wiki ページを閲覧可能です 
    155155 
    156156リポジトリの例 (閲覧ソースの詳細設定): 
     
    192192 
    193193 
    194 ==== 備わっていない機能 ==== #MissingFeatures 
    195 粒度が細かいパーミッションでは!DefaultPermissionPolicyで行っていたような (管理画面での) グループ機能は備わっていません ([trac:ticket:9573 #9573], [trac:ticket:5648 #5648] 参照)。パッチは一部利用可能です( [trac:ticket:6680 #6680] にある authz_policy.2.patch を参照してください) 
     194==== 利用不可となる機能 ==== #MissingFeatures 
     195粒度が細かいパーミッションでは!DefaultPermissionPolicyで行っていたような (管理画面での) グループ機能は備わっていません ([trac:#9573 #9573], [trac:#5648 #5648] 参照)。パッチは一部利用可能です( [trac:#6680 #6680] にある authz_policy.2.patch を参照してください) 
    196196 
    197197利用不可となる機能: 
     
    204204}}} 
    205205 
    206 パーミッショングループも同様にサポートされていません。利用不可となる機能: 
     206パーミッショングループも同様にサポートされていません。下記のことができません: 
    207207{{{ 
    208208[groups] 
     
    288288}}} 
    289289 
    290 複数のプロジェクト Environment において、プロジェクト全体にどのようにアクセス制限を行うかについての情報は [http://trac.edgewall.org/wiki/TracMultipleProjectsSVNAccess] を参照してください。 
     290複数のプロジェクト Environment において、プロジェクト全体にどのようにアクセス制限を行うかについての情報は [trac:TracMultipleProjectsSVNAccess] を参照してください。 
    291291 
    292292== デバッグ用パーミッション #DebuggingPermissions