Changes between Version 2 and Version 3 of TracImport


Ignore:
Timestamp:
12/07/15 15:40:17 (4 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracImport

    v2 v3  
    1717== Bugzilla == 
    1818 
    19  [http://trac-hacks.org/wiki/BugzillaIssueTrackingPlugin BugzillaIssueTrackingPlugin] :: TracLinks を保持したまま Trac に Bugzilla を統合します。 
     19[http://trac-hacks.org/wiki/BugzillaIssueTrackingPlugin BugzillaIssueTrackingPlugin] :: TracLinks を保持したまま Trac に Bugzilla を統合します。 
    2020 
    2121[http://trac.edgewall.org/browser/trunk/contrib/bugzilla2trac.py bugzilla2trac.py] スクリプトを使用すると、チケットのデータを Bugzilla からインポートすることができます。 bugzilla2trac.py スクリプトは Trac の配布を展開した contrib/ ディレクトリにあります。 
     
    4848bugzilla2trac.py スクリプトは変換を楽にする機能を数多く備えています。例えば: 
    4949 
    50   * PRODUCT_KEYWORDS:  Trac にはプロダクトという概念がありません。このため、プロダクトをチケットのキーワードとして紐づけられるようになっています 
     50  * PRODUCT_KEYWORDS:  Trac にはプロダクトという概念がありません。このため、プロダクトをチケットのキーワードとして紐づけられるようになっています 
    5151 
    52   * IGNORE_COMMENTS:  特定の正規表現にマッチする Bugzilla コメントをインポートしないようにします 
     52  * IGNORE_COMMENTS:  特定の正規表現にマッチする Bugzilla コメントをインポートしないようにします 
    5353 
    54   * STATUS_KEYWORDS:  Trac にない Bugzilla のステータスに対してチケットのキーワードを割り当てます。デフォルトでは、 Bugzilla のステータス 'VERIFIED' と 'RELEASED' は、 Trac のキーワードに変換されます 
     54  * STATUS_KEYWORDS:  Trac にない Bugzilla のステータスに対してチケットのキーワードを割り当てます。デフォルトでは、 Bugzilla のステータス 'VERIFIED' と 'RELEASED' は、 Trac のキーワードに変換されます 
    5555 
    5656使用できるオプションについての更なる詳細についてはスクリプトの先頭にある configuration セクションを参照してください。 
     
    8484 [http://trac-hacks.org/wiki/SfnToTracScript SfnToTracScript] :: !SourceForge の新しいバックアップファイルをインポートします。 (#Trac3521より) 
    8585 
    86 [http://trac.edgewall.org/browser/trunk/contrib/sourceforge2trac.py sourceforge2trac.py] スクリプトを使用すると、 Sourceforge からチケットのデータをインポートすることができます。 sourceforge2trac.py スクリプトも Trac 配布物を展開した contrib/ ディレクトリにあります。 
     86 [http://trac.edgewall.org/browser/trunk/contrib/sourceforge2trac.py sourceforge2trac.py] スクリプトを使用すると、 Sourceforge からチケットのデータをインポートすることができます。 sourceforge2trac.py スクリプトも Trac 配布物を展開した contrib/ ディレクトリにあります。 
    8787 
    8888== その他 == #Other 
     
    9696---- 
    9797See also: 
    98  * Wiki ページのインポート/エクスポートについて: TracAdmin, 
     98 * Wiki ページのインポート/エクスポートについて: TracAdmin 
    9999 * チケットのエクスポートについて: TracTickets, TracQuery