Changes between Version 2 and Version 3 of TracLinks


Ignore:
Timestamp:
12/07/15 15:40:17 (4 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracLinks

    v2 v3  
    3131 リビジョンログ :: `r1:3`, `[1:3]`, `log:@1:3`, `log:trunk@1:3`, `[2:5/trunk]` 
    3232 diff :: `diff:@1:3`, `diff:plugins/0.12/mercurial-plugin@9128:9953`, 
    33          `diff:tags/trac-0.9.2/wiki-default//tags/trac-0.9.3/wiki-default`  
     33          `diff:tags/trac-0.9.2/wiki-default//tags/trac-0.9.3/wiki-default` 
    3434          または `diff:trunk/trac@3538//sandbox/vc-refactoring@3539` 
    3535 ファイル :: `source:trunk/COPYING`, `source:/trunk/COPYING@200` (バージョン 200 における), `source:/trunk/COPYING@200#L25` (バージョン 200 における, 25 行目) 
     
    4141 チケットのコメント :: comment:1:ticket:2 
    4242 レポート :: {1}, report:1 
    43  マイルストーン :: `milestone:1.0` 
    44  添付ファイル :: `attachment:example.tgz` (現在のページの添付ファイル), `attachment:attachment.1073.diff:ticket:944` (絶対パス) 
    45  チェンジセット :: `r1`, `[1]`, `changeset:1`, (特定パス配下) `[1/trunk]`, `changeset:1/trunk` 
    46  リビジョンログ :: r1:3, [1:3], log:@1:3, log:trunk@1:3, [2:5/trunk] 
     43 マイルストーン :: milestone:1.0 
     44 添付ファイル :: attachment:example.tgz (現在のページの添付ファイル), attachment:attachment.1073.diff:ticket:944 (絶対パス) 
     45 チェンジセット :: r1, [1], changeset:1 or (特定パス配下) [1/trunk], changeset:1/trunk 
     46 リビジョンログ :: r1:3, [1:3] or log:@1:3, log:trunk@1:3, [2:5/trunk] 
    4747 diff :: diff:@1:3, diff:plugins/0.12/mercurial-plugin@9128:9953, 
    48          diff:tags/trac-0.9.2/wiki-default//tags/trac-0.9.3/wiki-default  
     48          diff:tags/trac-0.9.2/wiki-default//tags/trac-0.9.3/wiki-default 
    4949          または diff:trunk/trac@3538//sandbox/vc-refactoring@3539 
    50  ファイル :: `source:trunk/COPYING`, `source:/trunk/COPYING@200` (バージョン 200 における), `source:/trunk/COPYING@200#L25` (バージョン 200 における, 25 行目) 
     50 ファイル :: source:trunk/COPYING, source:/trunk/COPYING@200 (バージョン 200 における), source:/trunk/COPYING@200#L25 (バージョン 200 における, 25 行目) 
    5151}}} 
    5252 
     
    8080}}} 
    8181|-------------------------------------------------------------------------------------- 
    82 |||| 完全表記から名前空間が省略されている場合、デフォルト値として `wiki` が使用されます: ||  
     82|||| 完全表記から名前空間が省略されている場合、デフォルト値として `wiki` が使用されます: || 
    8383{{{#!td 
    8484{{{ 
     
    110110=== 相対リンク === #Relativelinks 
    111111 
    112 ページ内の特定アンカーにリンクするには '#' を使用します: 
    113 {{{ 
    114  [#Relativelinks 相対リンク] または [[#Relativelinks|相対リンク]] 
    115 }}} 
    116 表示: 
    117   [#Relativelinks 相対リンク] または [[#Relativelinks|相対リンク]] 
    118  
    119 Hint: セクションのタイトルにマウスオーバしたときに、文字 '¶' が表示されます。これはそのセクションへのリンクですので、 `#...` の部分をコピーすれば、相対リンクのアンカーとして使用できます。 
    120  
    121 [http://trac.edgewall.org/wiki/SubWiki SubWiki] ページにリンクするには '/' を使用します: 
     112[trac:/SubWiki SubWiki] ページにリンクするには '/' を使用します: 
    122113{{{ 
    123114 WikiPage/SubWikiPage または ./SubWikiPage 
    124115}}} 
    125116 
    126 [http://trac.edgewall.org/wiki/SubWiki SubWiki] ページから親ページにリンクするには、 '..' を使用します: 
     117[trac:SubWiki SubWiki] ページから親ページにリンクするには、 '..' を使用します: 
    127118{{{ 
    128119  [..] または [[..]] 
     
    130121  [..] または [[..]] 
    131122 
    132 [http://trac.edgewall.org/wiki/SubWiki SubWiki] ページから [=#sibling 兄弟の位置にある] ページにリンクするには、 '../' を使用します: 
     123[trac:SubWiki SubWiki] ページから [=#sibling 兄弟の位置にある] ページにリンクするには、 '../' を使用します: 
    133124{{{ 
    134125  [../Sibling 次の兄弟ページ] または [[../Sibling|次の兄弟ページ]] 
     
    151142新しいシンタックスについては [#Server-relativelinks サーバ相対リンク] を参照してください。 
    152143 
     144=== リンクアンカー === #Linkanchors 
     145 
     146ページ内の特定アンカーにリンクするには、'#'を使用してください: 
     147{{{ 
     148 [#Linkanchors リンクアンカー] または [[#Linkanchors|リンクアンカー]] 
     149}}} 
     150  [#Linkanchors リンクアンカー] または [[#Linkanchors|リンクアンカー]] 
     151 
     152Hint: セクションのタイトルにマウスオーバしたときに、文字 '¶' が表示されます。これはそのセクションへのリンクですので、 `#...` の部分をコピーすれば、相対リンクのアンカーとして使用できます。 
     153 
     154ページ上に最初と最後に記載されている用語にリンクを作成するためには、'#/' または '#?'で始まる ''pseudo anchor'' を使用してください: 
     155{{{ 
     156 [#/Milestone first occurrence of Milestone] または 
     157 [#?Milestone last occurrence of Milestone] 
     158}}} 
     159 [#/Milestone first occurrence of Milestone] または 
     160 [#?Milestone last occurrence of Milestone] 
     161リンクしたページで一致したらすべてがハイライト表示されます。 デフォルト値のみ、大文字と小文字が区別されます。 大文字と小文字を区別しない場合には、 '/i' 追加してください: 
     162{{{ 
     163 [#/Milestone/i first occurrence of Milestone or milestone] または 
     164 [#?Milestone/i last occurrence of Milestone or milestone] 
     165}}} 
     166 [#/Milestone/i first occurrence of Milestone or milestone] または 
     167 [#?Milestone/i last occurrence of Milestone or milestone] 
     168 
     169''(Trac 1.0 以降)'' 
     170 
     171このようなアンカーは、ソースブラウザでファイルの特定の行にリンクするのに非常に役立ちます: 
     172{{{ 
     173 [trac:source:tags/trac-0.12/trac/wiki/api.py#L127 Line 127] または 
     174 [trac:source:tags/trac-0.12/trac/ticket/roadmap.py#L47 Line 47] 
     175}}} 
     176 [trac:source:tags/trac-0.12/trac/wiki/api.py#L127 Line 127] または 
     177 [trac:source:tags/trac-0.12/trac/ticket/roadmap.py#L47 Line 47] 
     178(Hint: ソースブラウザに表示される行番号は、それぞれのライン上でアンカーへリンクします。) 
     179 
     180ファイルが変更されるとリンクが古くなるので, 代わりに疑似アンカー '#/' を使用するとリンクする時に便利です: 
     181{{{ 
     182 [trac:source:trunk/trac/wiki/api.py#/IWikiSyntaxProvider IWikiSyntaxProvider] または 
     183 [trac:source:trunk/trac/env.py#/ISystemInfoProvider ISystemInfoProvider] 
     184}}} 
     185 [trac:source:trunk/trac/wiki/api.py#/IWikiSyntaxProvider IWikiSyntaxProvider] または 
     186 [trac:source:trunk/trac/env.py#/ISystemInfoProvider ISystemInfoProvider] 
     187 
    153188=== InterWiki リンク === #InterWikilinks 
    154189 
     
    196231 * !wiki:"The whitespace convention" 
    197232 * !attachment:'the file.txt' もしくは 
    198  * !attachment:"the file.txt"  
    199  * !attachment:"the file.txt:ticket:123"  
    200  
    201 [http://trac.edgewall.org/wiki/WikiCreole WikiCreole] 形式のリンクを使用する場合、空白文字はそのまま解釈されます (訳注: WikiMacros の書式と重複しているので、マクロ名と同じページ名では使用できません): 
     233 * !attachment:"the file.txt" 
     234 * !attachment:"the file.txt:ticket:123" 
     235 
     236[trac:WikiCreole WikiCreole] 形式のリンクを使用する場合、空白文字はそのまま解釈されます (訳注: WikiMacros の書式と重複しているので、マクロ名と同じページ名では使用できません): 
    202237 * ![[The whitespace convention]] 
    203238 * ![[attachment:the file.txt]] 
     
    233268 
    234269添付ファイルへのリンクのシンタックスは次に示すとおりです: 
    235  * !attachment:the_file.txt は、現在のオブジェクトに添付されたファイル the_file.txt へのリンクを生成します 
    236  * !attachment:the_file.txt:wiki:MyPage は、 Wiki ページ !MyPage に添付されたファイル the_file.txt へのリンクを生成します 
    237  * !attachment:the_file.txt:ticket:753 は、チケット 753 に添付されたファイル the_file.txt へのリンクを生成します 
     270 * !attachment:the_file.txt は、現在のオブジェクトに添付されたファイル the_file.txt へのリンクを生成します 
     271 * !attachment:the_file.txt:wiki:MyPage は、 Wiki ページ !MyPage に添付されたファイル the_file.txt へのリンクを生成します 
     272 * !attachment:the_file.txt:ticket:753 は、チケット 753 に添付されたファイル the_file.txt へのリンクを生成します 
    238273 
    239274Note: 古い記法ではファイル名を最後に書いていました。この記法はまだ使うことができます: !attachment:ticket:753:the_file.txt 
     
    243278このリンクは HTML ドキュメントなどを直接指す目的では使いやすいですが、この方法を使うためには `[attachment] render_unsafe_content = yes` (See TracIni#attachment-section) を設定し、 Web ブラウザに内容を表示できるように設定しなければなりません。注意: この設定を行うのはファイルを添付するユーザのことを 100% 信頼できる場合だけにしてください。そうでない場合、サイトが [http://ja.wikipedia.org/wiki/クロスサイトスクリプティング クロスサイトスクリプティング] 攻撃に晒されることになります。 
    244279 
    245 See also [#export:links]. 
     280[#export:links] を参照してください。 
    246281 
    247282=== comment: リンク === #comment:links 
     
    249284該当するチケットの内部では、 !comment:3 と書くと 3 番目の更新のコメントにリンクします。 
    250285それ以外の場所であっても、チケットを特定することで、どこからでもコメントへのリンクが可能です: 
    251  - `comment:3:ticket:123`  
     286 - `comment:3:ticket:123` 
    252287 - `ticket:123#comment:3` (Note: `#123#!comment:3` という書き方は間違っています!) 
    253288チケットの説明 (英語版では description) にリンクしたい場合、以下のように記述してください: 
     
    273308通常使用される `ticket:id` 形式のほか、 `id` の代わりにチケットのリストやチケットの範囲を指定できます。これはカスタムクエリの検索結果ビューへのリンクを生成します。検索結果は指定したチケット固定です。 
    274309 
    275 例:  
     310例: 
    276311 - `ticket:5000-6000` 
    277312 - `ticket:1,150` 
     
    293328=== wiki: リンク === #wiki:links 
    294329 
    295 WikiPageNames と、このページの [#QuotingspaceinTracLinks Trac リンクで空白文字をエスケープする] を参照してください。!WikiStart@1 といった構文を使用することで、リビジョンを指定してページへのリンクを生成することが可能です。 
     330WikiPageNames と、このページの [#QuotingspaceinTracLinks Trac リンクで空白文字をエスケープする] を参照してください。WikiStart@1 といった構文を使用することで、リビジョンを指定してページへのリンクを生成することが可能です。 
    296331 
    297332=== バージョン管理に関連するリンク === #VersionControlrelatedlinks 
     
    308343 
    309344特定のリビジョンを指定してリンクすることもできます : 
    310  - `source:/some/file@123` - file のリビジョン 123 にリンクします 
    311  - `source:/some/file@head` - 明示的に file の最新リビジョンにリンクします 
     345 - `source:/some/file@123` - file のリビジョン 123 にリンクします 
     346 - `source:/some/file@head` - 明示的に file の最新リビジョンにリンクします 
    312347 
    313348リビジョンを指定した場合はさらに特定の行番号にリンクすることさえできます : 
     
    316351 
    317352さらに、特定の行をハイライト表示することもできます : 
    318  - `source:/some/file@123:10-20,100,103#L99` - 10 行目から 20 行目、 100 行目、 103 行目をハイライトします 
     353 - `source:/some/file@123:10-20,100,103#L99` - 10 行目から 20 行目、 100 行目、 103 行目をハイライトします 
    319354   ''(0.11 以降)'' 
    320355 
     
    324359 
    325360ブラウザでリンクをクリックしたときに、リポジトリ内をブラウザに表示するのではなく、ダウンロードを強制するためには `export` リンクを使用します。いくつかの形式が使用できます : 
    326  * `export:/some/file` - file の最新リビジョンをダウンロードします 
    327  * `export:123:/some/file` - file の リビジョン 123 をダウンロードします 
    328  * `export:/some/file@123` - file の リビジョン 123 をダウンロードします 
     361 * `export:/some/file` - file の最新リビジョンをダウンロードします 
     362 * `export:123:/some/file` - file の リビジョン 123 をダウンロードします 
     363 * `export:/some/file@123` - file の リビジョン 123 をダウンロードします 
    329364 
    330365リポジトリにチェックインされている XML や HTML 文書を、正しいスタイルシートと画像で表示する場合などには非常に使いやすいですが、この方法を使うためには `[browser] render_unsafe_content = yes` (See TracIni#browser-section) を設定し、 Web ブラウザに内容を表示できるように設定しなければなりません。設定されていない場合、セキュリティを確保するため、そのファイルを Web ブラウザ上で表示せず、添付ファイルと同じようにダウンロードさせます。 
     
    352387---- 
    353388See also: WikiFormatting, TracWiki, WikiPageNames, InterTrac, InterWiki 
    354   
     389