Changes between Version 2 and Version 3 of TracWorkflow


Ignore:
Timestamp:
12/07/15 15:40:17 (4 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracWorkflow

    v2 v3  
    1111original ワークフローは下図を参照してください: 
    1212 
    13 [[Image(htdocs:../common/guide/original-workflow.png)]] 
    14  
    15 original ワークフローにはいくつかの重要な "欠点" があります; 新しいチケットを承認 (accept) したときにステータスは 'assigned' に設定されますが、 'assigned' のチケットを再割り当て (reassign) するとステータスは 'new' に設定され、直観的ではありません。 
    16 これは original ワークフローから "basic" ワークフローに移行することで解決します; original ワークフローから basic ワークフローへの移行には [http://trac.edgewall.org/browser/trunk/contrib/workflow/migrate_original_to_basic.py contrib/workflow/migrate_original_to_basic.py] が役に立つかもしれません。 
     13{{{#!Workflow width=500 height=240 
     14leave = * -> * 
     15leave.operations = leave_status 
     16leave.default = 1 
     17accept = new -> assigned 
     18accept.permissions = TICKET_MODIFY 
     19accept.operations = set_owner_to_self 
     20resolve = new,assigned,reopened -> closed 
     21resolve.permissions = TICKET_MODIFY 
     22resolve.operations = set_resolution 
     23reassign = new,assigned,reopened -> new 
     24reassign.permissions = TICKET_MODIFY 
     25reassign.operations = set_owner 
     26reopen = closed -> reopened 
     27reopen.permissions = TICKET_CREATE 
     28reopen.operations = del_resolution 
     29}}} 
     30 
     31original ワークフローにはいくつかの重要な "欠点" があります。 新しいチケットを承認 (accept) したときにステータスは 'assigned' に設定されますが、 'assigned' のチケットを再割り当て (reassign) するとステータスは 'new' に設定され、直観的ではありません。 
     32これは original ワークフローから "basic" ワークフローに移行することで解決します。 original ワークフローから basic ワークフローへの移行には [http://trac.edgewall.org/browser/trunk/contrib/workflow/migrate_original_to_basic.py contrib/workflow/migrate_original_to_basic.py] が役に立つかもしれません。 
    1733 
    1834=== 0.11 で新規作成した Environment === #Environmentscreatedwith0.11 
     
    2137basic ワークフローは下図を参照してください: 
    2238 
    23 [[Image(htdocs:../common/guide/basic-workflow.png)]] 
     39{{{#!Workflow width=700 height=300 
     40leave = * -> * 
     41leave.operations = leave_status 
     42leave.default = 1 
     43accept = new,assigned,accepted,reopened -> accepted 
     44accept.permissions = TICKET_MODIFY 
     45accept.operations = set_owner_to_self 
     46resolve = new,assigned,accepted,reopened -> closed 
     47resolve.permissions = TICKET_MODIFY 
     48resolve.operations = set_resolution 
     49reassign = new,assigned,accepted,reopened -> assigned 
     50reassign.permissions = TICKET_MODIFY 
     51reassign.operations = set_owner 
     52reopen = closed -> reopened 
     53reopen.permissions = TICKET_CREATE 
     54reopen.operations = del_resolution 
     55}}} 
    2456 
    2557== そのほかのワークフロー == #AdditionalTicketWorkflows 
    2658 
    27 Trac のソースツリーの中でいくつかのワークフローのサンプルを提供しています; [trac:source:trunk/contrib/workflow contrib/workflow] の `.ini` コンフィグセクションを探してみてください。その中のひとつにあなたが探しているものがあるでしょう。それらをあなたの `trac.ini` ファイルの `[ticket-workflow]` セクションに貼り付けてください。しかし、もしあなたがすでに起票済みのチケットをもっていて、それらのチケットのステータスが新しいワークフローに含まれていない場合に、問題が生じるでしょう。 
    28  
    29 これらの例の [http://trac.edgewall.org/wiki/WorkFlow/Examples ダイヤグラム] を見ることができます。 
     59Trac のソースツリーの中でいくつかのワークフローのサンプルを提供しています [trac:source:trunk/contrib/workflow contrib/workflow] の `.ini` コンフィグセクションを探してみてください。その中のひとつにあなたが探しているものがあるでしょう。それらをあなたの `trac.ini` ファイルの `[ticket-workflow]` セクションに貼り付けてください。しかし、もしあなたがすでに起票済みのチケットをもっていて、それらのチケットのステータスが新しいワークフローに含まれていない場合に、問題が生じるでしょう。 
     60 
     61これらの例の [trac:WorkFlow/Examples ダイヤグラム] を見ることができます。 
    3062 
    3163== 基本的なワークフローのカスタマイズ == #BasicTicketWorkflowCustomization