Changes between Version 1 and Version 2 of WikiRestructuredText


Ignore:
Timestamp:
09/18/14 10:48:12 (5 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • WikiRestructuredText

    v1 v2  
    55reStructuredText の Web ページより: 
    66 "''reStructuredText は読みやすく、 WYSIWYG なプレーンテキストへのマークアップ文法と、そのパーサシステムです。 (Python の docstring のような) プログラムへのインラインドキュメンテーションや、シンプルな Web ページの素早い作成、スタンドアロンのドキュメントの記述に役立ちます。 reStructuredText は個別のアプリケーション向けに拡張ができるように設計されています。''" 
     7 
     8Subversion リポジトリのファイルを reStructuredText として Trac のソースブラウザに表示したい場合、 Subversion の `svn:mime-type` 属性に `text/x-rst` を設定してください。 [http://trac.edgewall.org/browser/trunk/INSTALL この例] が参考になります。 
    79 
    810=== 必須条件 === #Requirements 
     
    1012あなたのオペレーティングシステムでまだ使用できない場合は、 [http://docutils.sourceforge.net/rst.html RST Website] からダウンロードすることができます。 
    1113 
    12 docutils のインストールには `easy_install docutils` を使用してください。 Trac が docutils パッケージを探すことが出来ない可能性があるので、 (`apt-get install python-docutils` などの) OS のパッケージマネージャは使わないでください。 
    13 ('''訳注:''' docutils が提供している `setup.py` では `setuptools` を使用していないため、 OS のパッケージでは `docutils-*.egg-info` が作成されない場合があることを指しています。 egg-info さえ作成されていれば OS のパッケージマネージャを使用しても問題ないと思われます。) 
     14docutils のインストールには `easy_install docutils` を使用してください。 Trac が docutils パッケージを探すことが出来ない可能性があるので、 (`apt-get install python-docutils` などの) OS のパッケージマネージャは使わないでください。('''訳注:''' docutils が提供している `setup.py` では `setuptools` を使用していないため、 OS のパッケージでは `docutils-*.egg-info` が作成されない場合があることを指しています。 egg-info さえ作成されていれば OS のパッケージマネージャを使用しても問題ないと思われます。) 
    1415 
    1516=== さらなる RST に関する情報 === #MoreinformationonRST 
     
    2627 
    2728 * Trac は RST テキストの中で TracLinks が可能になる、 RST のディレクティブ 'trac' を提供しています。 
    28  
    29  例: 
    30  {{{ 
    31  {{{ 
    32  #!rst 
    33  This is a reference to |a ticket| 
    34  
    35  .. |a ticket| trac:: #42 
    36  }}} 
    37  }}} 
     29   ||= Wiki マークアップ ||= 表示 || 
     30   {{{#!td 
     31     {{{ 
     32     {{{ 
     33     #!rst 
     34     これは |チケット| へのリンクです。 
     35 
     36     .. |チケット| trac:: #42 
     37     }}} 
     38     }}} 
     39   }}} 
     40   {{{#!td 
     41     {{{ 
     42     #!rst 
     43     これは |チケット| へのリンクです。 
     44 
     45     .. |チケット| trac:: #42 
     46     }}} 
     47   }}} 
    3848 
    3949 * Trac は RST で TracLinks を簡単に作成できるように、 `:trac:` というロールを予約しています。 
    40  
    41  例: 
    42  {{{ 
    43  {{{ 
    44  #!rst 
    45  This is a reference to ticket `#12`:trac: 
    46  
    47  To learn how to use Trac, see `TracGuide`:trac: 
    48  }}} 
    49  }}} 
     50   ||= Wiki マークアップ ||= 表示 || 
     51   {{{#!td 
     52     {{{ 
     53     {{{ 
     54     #!rst 
     55     これはチケット `#12`:trac: へのリンクです。 
     56 
     57     Trac の使い方を学ぶためには、 `TracGuide`:trac: を参照して下さい。 
     58     }}} 
     59     }}} 
     60   }}} 
     61   {{{#!td 
     62     {{{ 
     63     #!rst 
     64     これはチケット `#12`:trac: へのリンクです。 
     65 
     66     Trac の使い方を学ぶためには、 `TracGuide`:trac: を参照して下さい。 
     67     }}} 
     68   }}} 
    5069 
    5170 `:trac:` ロールのすべての使用例の一覧は、 WikiRestructuredTextLinks を見てください。 
     
    5776ディレクティブは code-block と呼ばれます。 
    5877 
    59  
    60  
    61 {{{ 
    62 {{{ 
    63 #!rst 
    64  
    65 .. code-block:: python 
    66  
    67  class Test: 
    68  
    69     def TestFunction(self): 
    70         pass 
    71  
    72 }}} 
    73 }}} 
    74  
    75 上記の例は以下のように見えます。 
    76  
    77 {{{ 
    78 #!rst 
    79  
    80 .. code-block:: python 
    81  
    82  class Test: 
    83  
    84     def TestFunction(self): 
    85         pass 
    86  
    87 }}} 
     78||= Wiki マークアップ ||= 表示 || 
     79{{{#!td 
     80  {{{ 
     81  {{{ 
     82  #!rst 
     83 
     84  .. code-block:: python 
     85 
     86     class Test: 
     87 
     88         def TestFunction(self): 
     89             pass 
     90   
     91  }}} 
     92  }}} 
     93}}} 
     94{{{#!td 
     95  {{{ 
     96  #!rst 
     97 
     98  .. code-block:: python 
     99 
     100     class Test: 
     101 
     102         def TestFunction(self): 
     103             pass 
     104 
     105  }}} 
     106}}} 
     107`.. code-block` ディレクティブの後のコードは少なくとも1文字インデントする必要があります。 
    88108 
    89109=== reStructuredText の中における Wiki Macros === #WikiMacrosinreStructuredText 
    90110 
    91111[WikiMacros Wiki マクロ] を RST の中で使用するには、 code-block のようなシンタックスハイライトと同様のディレクティブを使用します。 
    92 動作させるためには [http://trac.edgewall.org/ticket/801 #801] のパッチ適用をした Trac を使用しなければなりません。 
    93  
    94 === Wiki Macros の例 === #WikiMacroExample 
    95  
    96 {{{ 
    97 {{{ 
    98 #!rst 
    99  
    100 .. code-block:: RecentChanges 
    101  
    102    Trac,3 
    103  
    104 }}} 
    105 }}} 
    106  
    107 この結果は以下のようになります: 
    108  
    109      [[RecentChanges(Trac,3)]] 
    110  
    111 より簡素な構文でも Wiki マクロを利用できます: 
    112  
    113 {{{ 
    114 {{{ 
    115 #!rst 
    116  
    117 :code-block:`RecentChanges:Trac,3` 
    118 }}} 
     112 
     113||= Wiki マークアップ ||= 表示 || 
     114{{{#!td 
     115  {{{ 
     116  {{{ 
     117  #!rst 
     118 
     119  .. code-block:: RecentChanges 
     120 
     121     Trac,3 
     122 
     123  }}} 
     124  }}} 
     125}}} 
     126{{{#!td 
     127  {{{ 
     128  #!rst 
     129 
     130  .. code-block:: RecentChanges 
     131 
     132     Trac,3 
     133 
     134  }}} 
     135}}} 
     136 
     137 `:code-block:` を使って、より簡素な構文でも Wiki マクロを利用できます: 
     138 
     139||= Wiki マークアップ ||= 表示 || 
     140{{{#!td 
     141  {{{ 
     142  {{{ 
     143  #!rst 
     144 
     145  :code-block:`RecentChanges:Trac,3` 
     146  }}} 
     147  }}} 
     148}}} 
     149{{{#!td 
     150  {{{ 
     151  #!rst 
     152 
     153  :code-block:`RecentChanges:Trac,3` 
     154  }}} 
    119155}}} 
    120156 
    121157=== より大きい RST の例 === #BiggerRSTExample 
    122158この例のように書くと、とても分かりやすくなります: 
     159 
     160||= Wiki マークアップ ||= 表示 || 
     161{{{#!td 
    123162{{{ 
    124163#!html 
     
    150189}}}</pre> 
    151190}}} 
    152  
    153  
    154 結果: 
     191}}} 
     192{{{#!td 
    155193{{{ 
    156194#!rst 
     
    179217.. _webpage: http://docutils.sourceforge.net/rst.html 
    180218}}} 
     219}}} 
    181220 
    182221'''訳注: 日本語でテーブルを作成する場合、 Python-2.4 以降かつ docutils-0.4 以降でない場合は、 docutils に日本語テーブルパッチを適用する必要があります。'''