Changes between Initial Version and Version 1 of WikiRestructuredTextLinks


Ignore:
Timestamp:
06/04/12 12:01:35 (7 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • WikiRestructuredTextLinks

    v1 v1  
     1= reStructuredText における TracLinks = #TracLinksinreStructuredText 
     2 
     3このドキュメントは reStructuredText での ``:trac::`` ディレクティブの使い方を説明します: 
     4 
     5{{{ 
     6{{{ 
     7#!rst  
     8例: 
     9 
     10 * チケット: :trac:`#1`, :trac:`ticket:1` 
     11 * チケットのコメント: :trac:`comment:ticket:1:2` 
     12 * レポート: :trac:`{1}`, :trac:`report:1` 
     13 * チェンジセット: :trac:`r1`, :trac:`[1]`, :trac:`changeset:1` 
     14 * リビジョンログ: :trac:`r1:3`, :trac:`[1:3]`, :trac:`log:@1:3`, :trac:`log:trunk@1:3` 
     15 * Diff (バージョン 0.10 以降): :trac:`diff:@20:30`, :trac:`diff:tags/trac-0.9.2/wiki-default//tags/trac-0.9.3/wiki-default`, :trac:`diff:trunk/trac@3538//sandbox/vc-refactoring/trac@3539` 
     16 * Wiki ページ: :trac:`CamelCase`, :trac:`wiki:CamelCase` 
     17 * マイルストーン: :trac:`milestone:1.0` 
     18 * 添付ファイル: :trac:`attachment:ticket:944:attachment.1073.diff` 
     19 * ファイル: :trac:`source:trunk/COPYING` 
     20 * 特定のリビジョンのファイル: :trac:`source:/trunk/COPYING@200` 
     21 * 特定のリビジョンのファイルの特定の行: :trac:`source:/trunk/COPYING@200#L25` 
     22 
     23明示的にラベルを指定することで、空白文字にを含む語もリンクにすることができます: 
     24 
     25 * :trac:`#1 チケット #1` と :trac:`source:trunk/COPYING ライセンス` を参照してください。 
     26}}} 
     27}}} 
     28 
     29docutils がインストールされていれば、上記のブロックは以下のように表示されます: 
     30---- 
     31{{{ 
     32#!rst  
     33例: 
     34 
     35 * チケット: :trac:`#1`, :trac:`ticket:1` 
     36 * チケットのコメント: :trac:`comment:ticket:1:2` 
     37 * レポート: :trac:`{1}`, :trac:`report:1` 
     38 * チェンジセット: :trac:`r1`, :trac:`[1]`, :trac:`changeset:1` 
     39 * リビジョンログ: :trac:`r1:3`, :trac:`[1:3]`, :trac:`log:@1:3`, :trac:`log:trunk@1:3` 
     40 * Diff (バージョン 0.10 以降): :trac:`diff:@20:30`, :trac:`diff:tags/trac-0.9.2/wiki-default//tags/trac-0.9.3/wiki-default`, :trac:`diff:trunk/trac@3538//sandbox/vc-refactoring/trac@3539` 
     41 * Wiki ページ: :trac:`CamelCase`, :trac:`wiki:CamelCase` 
     42 * マイルストーン: :trac:`milestone:1.0` 
     43 * 添付ファイル: :trac:`attachment:ticket:944:attachment.1073.diff` 
     44 * ファイル: :trac:`source:trunk/COPYING` 
     45 * 特定のリビジョンのファイル: :trac:`source:/trunk/COPYING@200` 
     46 * 特定のリビジョンのファイルの特定の行: :trac:`source:/trunk/COPYING@200#L25` 
     47 
     48明示的にラベルを指定することで、空白文字にを含む語もリンクにすることができます: 
     49 
     50 * :trac:`#1 チケット #1` と :trac:`source:trunk/COPYING ライセンス` を参照してください。 
     51}}} 
     52---- 
     53 
     54上記の例のいずれも、脚注参照の記法で `trac::` ディレクティブを使用して書くことができます: 
     55{{{ 
     56{{{ 
     57#!rst 
     58See |ticket123|. 
     59 
     60 .. |ticket123| trac:: ticket:123 this ticket 
     61}}} 
     62}}} 
     63 
     64この表示は以下の通りです: 
     65---- 
     66 
     67{{{ 
     68#!rst 
     69See |ticket123|. 
     70 
     71 .. |ticket123| trac:: ticket:123 this ticket 
     72}}} 
     73 
     74---- 
     75See also: WikiRestructuredText, TracLinks