wiki:css/css/getStringArray

Version 4 (modified by michkawa, 4 years ago) (diff)

--

CSS 3.2.16.3 getStringArray 対応版(CSS 3.2.16.3)

CSS 3.x,4.xでは、スクリプト内でFTVLがSTRINGのwaveform recordのデータを取得する関数がない。
仕方がないので、PVUtil.getString()でデータを取得すると、NELMが100以上のデータの場合に100個以上のデータは省略されたフォーマットで出力されてしまい、それ以降のデータを取得できない。
但し、Array widgetでは100個以上のデータでも表示できるので、データが取得できていないわけではなさそうである。
それをkay氏に相談したところ、getStringArray()関数をCSS 4.xに実装してくれたので、CSS 3.2.16にバックマージしたものをCSS 3.2.16.3として公開する。
内容の詳細はPVUtil getStringArray() #1235を参照。

  • getStringArray 対応版(CSS 3.2.16.3 20150716_094718)
Windows 32bit版 css_kek_3.2.16.3-win32.win32.x86_20150716_094718.zip
Windows 64bit版 css_kek_3.2.16.3-win32.win32.x86_64_20150716_094718.zip
Mac OSX 32bit版 css_kek_3.2.16.3-macosx.cocoa.x86_20150716_094718.zip
Mac OSX 64bit版 css_kek_3.2.16.3-macosx.cocoa.x86_64_20150716_094718.zip
Linux 32bit版 css_kek_3.2.16.3-linux.gtk.x86_20150716_094718.zip
Linux 64bit版 css_kek_3.2.16.3-linux.gtk.x86_64_20150716_094718.zip
Source css_kek_3.2.16.3-src_20150716_094718.zip
  • KEK内部から取得する場合にはこちらから
Windows 32bit版 css_kek_3.2.16.3-win32.win32.x86_20150716_094718.zip
Windows 64bit版 css_kek_3.2.16.3-win32.win32.x86_64_20150716_094718.zip
Mac OSX 32bit版 css_kek_3.2.16.3-macosx.cocoa.x86_20150716_094718.zip
Mac OSX 64bit版 css_kek_3.2.16.3-macosx.cocoa.x86_64_20150716_094718.zip
Linux 32bit版 css_kek_3.2.16.3-linux.gtk.x86_20150716_094718.zip
Linux 64bit版 css_kek_3.2.16.3-linux.gtk.x86_64_20150716_094718.zip
Source css_kek_3.2.16.3-src_20150716_094718.zip

使い方

この関数の使い方は、以下のようになる。(python版)

from org.csstudio.opibuilder.scriptUtil import PVUtil

# pvs[0] がFTVL "STRING"のwaveformの場合

strAry = PVUtil.getStringArray(pvs[0])   # ["test001","test002"...]

val0 = strAry[0]   # "test001" 
val1 = strAry[1]   # "test002"
  :
  :

waveformのFTVLがLONGやDOUBLEの場合には、文字列に変換された数値が出力される。

JMS2RDB

なお、以前のバージョンではjms2rdbがsourceに入っていなかったが、今回からは入っていることを確認しているので、今後使用する場合にはこちらを使用すること。
また、JMS2RDB自体は以前のものと同じなので、既に使用してるものを入れ替える必要はない。