wiki:css/memory

DataBrowserでたくさんのグラフや長い期間のデータを表示できない場合

CSSのDataBrowserのパフォーマンスチューニング メモリに関するパラメータをチューニングすることでDataBrowserのパフォーマンス(データ量、処理時間)が改善します。

CSS のDataBrowser で大量のグラフや1週間以上の長い期間を表示しようとすると、いつまで待ってもデータが表示されなかったり、エラーになったりすることがありました。 最初はサーバ側の負荷が高くてデータを戻してこないのかと思ったのですが、調べてみると Postgres は既にデータを既に送り終わっていて、 クライアント側で延々と時間がかかっていました。最終的に判明したのはCSSを動かすJAVA VMに割り当て可能なメモリが不足していることが原因でした。
具体的には、各OSにインストールしたCSSのcss.iniファイル内の -Xmx-XX:MaxPermSizeを必要なメモリサイズに変更します。
この設定は、CSS起動時にJAVA VMの引数として渡されるようで、ファイルの内容は全てのOSで大体共通のようです。
(参考:JavaVMのメモリ管理をマスターするJavaVMのヒープ・メモリ管理の仕組み など)

cERLの端末では以下のように変更しています。

-Xmx1024m  --> 4096m に変更
-XX:MaxPermSize=128M    --> 2048M に変更

端末はWindows 7 64bit でふんだんにメモリを積んでいるマシンですので、これくらい割り当てても問題ありません。
32bit版OSの場合には、OSが認識できる最大メモリが4GB(実質3.5GB)なので注意が必要です。許す範囲で大きくとってください。大きくしすぎるとCSSが起動しません。

Windows,linuxの場合

Windows版とlinux版のCSSは CSS をインストールしたディレクトリにある、css.iniファイルを変更します。

MacOSXの場合

MacOSX版のCSSは、CSSアプリケーションの"パッケージの内容を表示"→"Contents/MacOS/css.ini"にファイルがあるので、同様に変更します。

参照HP

Javaパフォーマンスチューニング 第3回 Javaのヒープ・メモリ管理の仕組み
JavaVMのメモリ管理をマスターする

Last modified 3 years ago Last modified on 07/07/14 10:40:15