Changes between Version 1 and Version 2 of epics/bbb/debian/USBHID/USB_SP4T


Ignore:
Timestamp:
07/04/17 14:40:39 (2 years ago)
Author:
michkawa
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • epics/bbb/debian/USBHID/USB_SP4T

    v1 v2  
    55帯名さんが事前にpython + [https://github.com/signal11/hidapi HIDAPI]を使って制御できることを確認してくれていたので、制御自体は簡単であることがわかっていた。[[br]] 
    66ちょうど、drvAsynI2Cを触ったこともあり、いっその事 USB HID デバイスで汎用的に使用できるものを asynPortDriver で作ってしまおうということになった。[[br]] 
     7 
     8== ダウンロード == 
     9 
     10できたばかりなのでバグがあるかもしれませんが、ダウンロードできるようにしておきます。[[br]] 
     11 
     12[http://cerldev.kek.jp/trac/EpicsUsersJP/attachment/wiki/epics/bbb/debian/USBHID/USB_SP4T/drvAsynUSBHID_20170704.tar.gz drvAsynUSBHID 最新版(2017/0704)] 
     13 
    714 
    815== 概要 == 
     
    1724何故、一回の送受信データが65byteなのか詳しくはわかりませんが、今回は深く突っ込みません(^^;)。[[br]] 
    1825 
     26== 依存関係 == 
     27 
     28drvAsynUSBHIDは、HIDAPIをasynPortDriverでラッピングしたものなので、HIDAPIをOSにインストールする必要があります。 
     29 
     30 * EPICS base 3.14.12.5 以上 
     31 * asynDriver 4-26 以上 
     32 * HIDAPI 
     33 
     34ここではBBBで使用していますが、普通のPCでも動くと思います。[[br]] 
    1935 
    2036 
     37== インストール == 
     38 
     39BBB + Debian8 を前提にして説明します。[[br]] 
     40 
     41=== HIDAPI === 
     42 
     43まずはHIDAPIをインストール。 
     44 
     45{{{ 
     46root@beaglebone:~# apt-cache search hidapi 
     47libhidapi-dev - Multi-Platform library for communication with HID devices (development files) 
     48libhidapi-hidraw0 - Multi-Platform library for communication with HID devices (hidraw backend) 
     49libhidapi-hidraw0-dbg - Debugging symbols for libhidapi-hidraw0 
     50libhidapi-libusb0 - Multi-Platform library for communication with HID devices (libusb backend) 
     51libhidapi-libusb0-dbg - Debugging symbols for libhidapi-libusb0 
     52}}} 
     53 
     54libusb版とhidraw版がありますが、今回はhidraw版を使用。 
     55 
     56{{{ 
     57root@beaglebone:~# apt-get install libhidapi-hidraw0 libhidapi-dev 
     58}}} 
    2159 
    2260 
    23  
    24  
    25  
    26  
    27  
    28  
    29  
    30  
    31  
    32  
    33  
     61これ以降の使い方は、ダウンロードファイルのREADME.mdに書いてあるのでそちらを参照。 
    3462 
    3563