wiki:epics/install/outline

概要

  1. 仮想マシン環境:Windowsで動くことは必須条件。
    • VMWare, MS Virtual PC, Oracle Virtual Box の3択
    • 今回はとりあえず VMWare とする。
  2. インストールする仮想マシン:CentOS 6.4 の 32bit 版
    • EPICS自体は 64bit でも問題ありません。
    • 後述するpython/visa を入れたいので32bitにしておきたい。
  3. OSインストール時の構成として、「最少インストール」にする。
    • パッケージを手動で入れていく手間はありますが、一度経験するのも悪くないと思うので
    • あとで 「 のライブラリが無い」といった事態になってもあせらなくなる(?)
  4. EPICS 関連のソフトウェア選定
    • base 3.14.12.3 : 最新
    • extensions
      • medm, edm, probe, autosave, caSnooper, ChannelWatcher
      • gateway, procServ
      • pythonCA
      • VDCT, msi
      • labca or mca
      • AlarmHandler
      • ChannelArchiver : 以前は必須アプリでしたが、今はどうしましょう?
    • modules
      • soft: seq, asyn, stream, netDev
      • instrument: tds3000, YokogawaSL1000
        • stream device の protocol file
    • css
      • CSS-Alarm, CSS-Archiver ?
      • IPA Font, 定義ファイル
  5. EPICS以外の環境
    • NI-VISA
    • python2.7
      • pyvisa, PIL, scipy, numpy, matplotlib
    • SAD (未定)
    • elegant, SDDS (未定)
    • root (未定)
  6. Windows (おまけ)
    • Tera Term (Compactでインストール。本体とttsshのみ。)
    • Tera Pad
    • Xming
    • css
    • IPA font
    • もしWindows Nativeでのやり方を知りたいという希望があれば
      • Microsoft Visual C++ (Express Edition)
      • !GnuWin32
      • ActivePerl
Last modified 6 years ago Last modified on 05/10/13 23:28:20