wiki:epics/install/vmware_centos2

Version 3 (modified by obina, 6 years ago) (diff)

--

インストール後の設定

yum リポジトリの設定

デフォルトのままでも良いですが、KEKのミラーサイトを指定しておく。

/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo を編集して、中の
mirror.centos.org -> reflx1.kek.jp に変更します。

yum update

# yum update

IPV6無効化

後で書く

セキュリティ関連

SELinux設定 : 機器制御目的で使用するので、無効にしておく。後でiptablesも無効にする。

/etc/selinux/config を編集

SELINUX=disabled

その後、マシン再起動が必要。

サービスの確認

# chkconfig --list

以下のサービスを停止。

# service iptables stop
# service ipv6tables stop
# service lvm2-monitor stop    : LVMを使っていないならば
# service auditd stop          : SELinux使わないので不要
# service mcstrans stop        : SELinux使わないので不要
# service restorecond stop     : SELinux使わないので不要

再起動時のため、上のサービスの起動設定をオフに。

# chkconfig iptables off
.......

おそらく不要なので止めておく。

blk-availability  : LVM2のミラーデバイス管理?
iscsi       : iSCSI関連
iscsid      : iSCSI関連
mdmonitor   : ソフトウェアRAID

開発に必要なソフトウェアのインストール

以下のソフトをyumでインストールする。

gcc
gcc-c++
make
wget
ntp
ntpd
bind-utils    : dig, host, nslookup等

EPICSに必要なので今のうちにいれておく
perl
perl-devel
readline-devel

個人的趣味
screen   : GNU screen
emacs    : Emacs
lsof     : lsof
tcsh     : 最近はフルインストールでも入っていない.....
telnet   : これも入っていない....

時刻合わせ

iocのタイムスタンプが狂っていると、いろいろと面倒なことが起きます。適切なntpサーバを指定する。 KEK内部からは以下の time server を指定. (クラスタによって異なるので詳細はnetsupportのページを参照すること)

手動で合わせる

# ntpdate ntp01.local.kek.jp

/etc/ntp.confを編集。

server ntp01.local.kek.jp
server ntp02.local.kek.jp
# service ntp restart
# chkconfig ntp on

一般ユーザ作成

今回は epics という名前でユーザを作成し、EPICS関連ソフトウェアのインストール等を行っていく。(個人的趣味によりtcshです)

# useradd -s /bin/tcsh epics
# passwd epics

新規作成したユーザでログインできることを確認。