wiki:epics/streamdevice

streamdeviceについて

動機

RS232CやGPIB機器、最近ではEthernet直結のSocketIO機器など、ASCIIメッセージをやりとりする機器は多くありますが、EPICSから使いたいときには まず「デバイスサポート」なるものを作るのが王道でした。これは全てを制御するには便利なやり方なのですが、 Cプログラムを書き慣れていないエンドユーザからしてみるとかなり高い障壁であることは事実でした。 (もちろん、GDLなどのプリプロセッサによってコマンドが簡単に書ける、というアプローチもあったわけですが)

現段階では、Swiss Light Source によって開発された Streamdeviceを使うのがもっとも簡単だと感じるに至りまして 積極的に導入しています。方針は「バイナリで複雑なやりとりする機器(Modbusとか)ならばNetDev(小田切製作所)、 それ以外の単純なASCIIベースのメッセージ交換で制御する機器は全てStreamdeviceを使う」です。

[追記] もちろん、バイナリでやり取りする場合にも Streamdevice は有効(かつ簡単)です。今後デバイス制御プログラムを書くならばStreamdeviceがお勧めです。

Stream Device のススメ

ユーザ向け:使用例

プロトコルファイル

IOC

管理者向け:セットアップ方法

Last modified 7 months ago Last modified on 05/30/17 10:32:03

Attachments (1)

Download all attachments as: .zip