wiki:epics/streamdevice/mes2manyrec

1つのメッセージから複数のレコードへ値を設定

参考:PSIのDocument:Tips

このほか、stream device に関する資料としてepics/streamdevice/tips_and_tricks にも色々な例が記載されています。

目的:相手の機器から1行のメッセージが返ってきたとき、それを複数のレコードに入れたい

case1 : コマンドを送ると、決まったフォーマットで複数の値が返ってくる場合

例1

VAL?
A=262.1934, B=524.3868, C=35.6740
VAL?
A=-71.1803, B=-142.3606, C=45.5960
VAL?
A=-96.4911, B=-192.9821, C=56.6379
.....

これらの3つの値を, A, B, C 3つの別レコードに入れたい

解決方法1

  • コマンドを送るレコードを1つ作成。
  • 変換する値(この例では A )を %f で受ける。
  • 残りのB,Cは value skipping (%*) フォーマットを使うことで無視する。
  • 残り2つのレコードはI/O Intrで動かす。これによって、recvB, recvCへの入力はrecvAへの入力と同じ文字列となる
  • B,Cについても、不要な部分を value skipping で無視する。

protocol file (sample1.proto)

Terminator = CR LF;

recvA {
  out "VAL?";
  in "A=%f, B=%*f, C=%*f";
}
recvB {
  in "A=%*f, B=%f, C=%*f";
}
recvC {
  in "A=%*f, B=%*f, C=%f";
}

DB file (sample1.db)

record(ai, "obina:valA")
{
    field(DTYP, "stream")
    field(SCAN, "1 second")
    field(INP,  "@sample1.proto recvA PS1")
}
record(ai, "obina:valB")
{
    field(DTYP, "stream")
    field(SCAN, "I/O Intr")
    field(INP,  "@sample1.proto recvB PS1")
}
record(ai, "obina:valC")
{
    field(DTYP, "stream")
    field(SCAN, "I/O Intr")
    field(INP,  "@sample1.proto recvC PS1")
}

startup script

.....
dbLoadRecords("db/sample1.db")
epicsEnvSet("STREAM_PROTOCOL_PATH", ".:../../streamexApp/Db")
drvAsynIPPortConfigure("PS1", "localhost:9999")
...

プロセス順について:I/O Intr を使うので、valA,B,Cの3つのレコードがプロセスされる順番は確定しない

解決方法2

レコードの redirection を使う方法。

プロトコルファイル中に、レコード名を直接書くことでそこに値を入れることが出来る。(レコード名).(フィールド名)の形式も使うことができる。フィールド名を省略した場合はデフォルトでVALフィールドが使用される。

protocol file (sample2.proto)

Terminator = CR LF;

recvABC {
  out "VAL?";
  in "A=%f, B=%(obina:valB)f, C=%(obina:valC)f";
}

DB file (sample2.db)

record(ai, "obina:valA")
{
    field(DTYP, "stream")
    field(SCAN, "1 second")
    field(INP,  "@sample2.proto recvABC PS1")
}
record(ai, "obina:valB")
{
    field(INP,  "")
}
record(ai, "obina:valC")
{
    field(INP,  "")
}

この例の場合、valB, valC のレコードはvalAレコードの入力に対して"process passive"で実行されるので、DBの定義ファイル中ではSCAN Passiveにしておけば良い。 B,Cが先にプロセスされ、そのあとでAが更新される。

解決法2の補足

上の方法では、プロトコルファイル中にレコード名を明示する必要がある。 このままでも良いのだが、汎用性やDBファイルとプロトコルファイルとの役割分担を考えるとあまりよろしくない。 対策としてプロトコルファイル中にDBファイルからの引数として渡すことができる。protocol argument

Terminator = CR LF;

recvABC {
  out "VAL?";
  in "A=%f, B=%(\$1)f, C=%(\$2)f";
}

DB file (sample3.db)

record(ai, "obina:valA")
{
    field(DTYP, "stream")
    field(SCAN, "1 second")
    field(INP,  "@sample3.proto recvABC(obina:valB,obina:valC) PS1")
}
record(ai, "obina:valB")
{
    field(INP,  "")
}
record(ai, "obina:valC")
{
    field(INP,  "")
}

引数は最大9個 $1~$9まで使用可能。$0にはプロトコルファイル名自体が入る。

注意:複数の引数間にスペースを入れてはいけない!!!

   field(INP,  "@sample3.proto recvABC(obina:valB,obina:valC) PS1") : こちらはO.K.だが、
   field(INP,  "@sample3.proto recvABC(obina:valB, obina:valC) PS1") : これはエラーが出る
Last modified 2 years ago Last modified on 05/30/17 10:41:25