Changes between Version 9 and Version 10 of epics/streamdevice/tips_and_tricks


Ignore:
Timestamp:
09/04/14 16:57:36 (5 years ago)
Author:
michkawa
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • epics/streamdevice/tips_and_tricks

    v9 v10  
    330330 
    331331 {{{in}}} に設定した文字列と違うデータが来た場合、{{{@mismatch}}}の中の処理が実行される。ただし、ここでもエラーになった場合には処理は中断されて、コンソールにエラーが出力される。[[br]] 
    332  エラー出力が全く必要なければ、{{{extrainput=ignore}}}を設定してもいい。 
    333  
    334  
    335  
    336  
     332 
     333 
     334== Webページのデータを取得する必要がある == 
     335 
     336 まず、正しくフォーマットされたHTMLのリクエストを送信する必要がある。{{{"http://サーバー/ページ"}}}と2行改行で終了する必要があり、この要求のような完全なURLが含まれている必要があることに注意。サーバーは、drvAsynIPPortConfigure(HTTPプロキシを使用しない場合)コマンドを使用します。ウェブページは、多くの場合、かなりのデータ量があるので必要な部分のみ 正規表現で取得するようにしたほうがいい。 
     337 
     338 {{{ 
     339get_title { 
     340  extrainput = ignore; 
     341  replyTimeout = 1000; 
     342  out "GET http://\$1\n\n"; 
     343  in "%+.1/(?im)<title>(.*)<\/title>/"; 
     344} 
     345 }}} 
     346 
     347 {{{out}}}に{{{"\n\n"}}}を設定するか、{{{outTerminator="\n\n"}}}を設定する必要がある。接続先のURLはプロトコルファイルの引数として渡すのが妥当。[[br]]