Changes between Version 6 and Version 7 of epics/streamdevice/tips_and_tricks


Ignore:
Timestamp:
09/04/14 14:33:56 (5 years ago)
Author:
michkawa
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • epics/streamdevice/tips_and_tricks

    v6 v7  
    273273 この処理で重要なのは、'''{{{レコード $(DEVICE):B}}}の{{{SCANがI/O Intr}}}'''であることと、'''{{{read_B}}}が{{{read_A}}}の{{{in}}}と同じフォーマットで{{{*}}}でフィルタリング'''を行っていること。 
    274274 
     275=== 入力データは、同じIOCの他のレコードに設定 === 
     276 
     277 プロトコルファイルの引数にレコードを設定して、出力をリダイレクトさせる。引数を複数設定することも可能。 
     278 
     279 * db file 
     280 {{{ 
     281record (ai, "$(DEVICE):A") { 
     282  field (DTYP, "stream") 
     283  field (INP, "@$(DEVICETYPE).proto read_AB($(DEVICE):B) $(BUS)") 
     284  field (SCAN, "1 second") 
     285} 
     286record (ai, "$(DEVICE):B") { 
     287} 
     288 }}} 
     289 
     290 * protpcol file 
     291 {{{ 
     292read_AB { 
     293    out "GET A,B"; 
     294    in "A=%f, B=%(\$1)f"; 
     295} 
     296 }}} 
     297 
     298 この場合、{{{$(DEVICE):B}}}のレコード名が長すぎるとエラーになる。これは、{{{INP}}} フィールドの文字列長制限によるもの。 
     299