Changes between Version 2 and Version 3 of epics/streamdevice/tracemask


Ignore:
Timestamp:
05/30/17 10:22:32 (2 years ago)
Author:
obina
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • epics/streamdevice/tracemask

    v2 v3  
    4141エラーが出たときのみログが表示されるようになっている。 
    4242 
    43 == 使用例 == 
     43== 使用例: iocsh上での操作 == 
    4444お勧めは 
    4545 * 通常時はデフォルトのまま 
     
    6262}}} 
    6363とかやっても良いです(後で適切なマスクにした方が幸せになれます)。 
     64 
     65 
     66== 使用例: !AsynRecord GUI == 
     67デバッグ用にもともと用意されているレコード類を使うことも便利です。 
     68 
     69まずはスタートアップスクリプト st.cmd 内の iocInit より'''前の位置'''において 
     70{{{ 
     71cd $(ASYN) 
     72dbLoadRecords("db/asynRecord.db","P=asyn,R=Test,PORT=PS1,ADDR=0,IMAX=0,OMAX=0") 
     73 
     74cd ${TOP}/iocBoot/${IOC} 
     75iocInit 
     76}}} 
     77とします。そしてGUIの起動は例えば 
     78{{{ 
     79medm -x -macro "P=asyn,R=Test" /pf/epics/R315.5/modules/soft/asyn/4-31/opi/medm/asynRecord.adl 
     80}}} 
     81のように直接指定すれば良いです(バージョンは使っているioc, asyn と合わせたほうが無難です)。 
     82CSS BOY, medm, edm のGUIが用意されていますので、お好きなモノをお使いください。最新の asyn(R4-31) ではcaqtdm ファイルもあります。 
     83 
     84注:PF内でやる場合、他の人とレコード名が衝突しないよう、P=の引数は '''自分の名前+asyn'''にするようにしてください。 
     85