wiki:epics/windows8install

EPICS を Windows8 64bit版にインストール

今回はWindows8 64bit版へインストールしましたが、多分Windows7 64bit版でも同じだと思われます。(人柱希望)

コンパイル環境設定

コンパイルに必要なプログラムをダウンロードします。

Visual !StudioとActive perlはインストーラーからインストールし、それ以外は適当なディレクトリに解凍します。
ここでは、例として以下のディレクトリにファイルを解凍します。

epics:  c:\epics\R314.12.3
make:   c:\gnu

epicsを解凍するとbase-3.14.12.3というディレクトリが作成されるので、baseに変更します。
makeはlibintl3,libiconvと同じディレクトリに解凍します。
ディレクトリ構成は以下のようなものを想定しています。

c: +-- epics -+- R314.12.3 -+- base       -+- bin
   |                        |              +- config
   |                        |              +- configure
   |                        |              :
   |                        +- extensions --
   :                        +- modules    --
                            :
   +-- gnu   -+- bin
   |          +- contrib
   :          +- include
              :

環境変数設定

コンパイルの前に環境変数を設定します。
コントロールパネルを開き、システム→システムの詳細設定→環境変数で設定ダイアログを表示します。

システム環境変数のPathを選択して、編集ボタンを押します。システム変数の編集ダイアログの変数値にmakeのパスを設定します。
ここでは、c:\gnu\binを追加します。

また、環境変数EPICS_HOST_ARCHを追加するために、新規ボタンを押します。

上記の設定を追加したら、ダイアログを閉じます。

コンパイル

環境変数でEPICS_HOST_ARCHを設定してあるのでいらないかもしれませんが、一応、C:\epics\R314.12.3\base\configure\CONFIG_SITEを編集して、以下の行を追加します。

EPICS_HOST_ARCH=windows-x64

各設定が終了したら、コマンドプロンプトを起動します。
コマンドプロンプトから、先程設定した環境変数が有効化されているかを確認します。

 > set

    :
  EPICS_HOST_ARCH=windows-x64
    :
  Path=...;c:\gnu\bin;...

設定を確認したら、Visual Studioのコンパイル環境変数を設定するバッチファイルを実行します。
Visual Studioをデフォルトでインストールした場合、下記のファイルを実行します。

 > C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 11.0\VC\bin\x86_amd64\vcvarsx86_amd64.bat

もし、違うディレクトリにインストールした場合には、適時変更してください。
最後にmakeを実行します。

 > cd C:\epics\R314.12.3\base
 > make

途中でエラーで終了しなければ、コンパイルは完了です。

Last modified 4 years ago Last modified on 06/20/13 16:30:13

Attachments (3)

Download all attachments as: .zip