wiki:misc/botlog_pas/vm_quick_start

Botlog を手っ取り早くテストしたい人へ

仮想マシンで設定する例として、コマンド履歴のみを掲載。既に環境のある人は4)以降を。

1)VirtualBox インストール --> Google先生にお伺いを

2)Vagrant インストール --> Google先生にお伺いを

3)Vagrantで仮想マシンをセットアップ&起動
適当な作業ディレクトリを作成し、そこに移動してから以下のコマンドを実行

C:\> vagrant init centos/6

作成された Vagrantfile を編集してポート転送を有効にする

  config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080

仮想マシンに接続して、OSアップデートしておく

C:\> vagrant up
C:\> vagrant ssh

$ sudo su -
# yum update     <--- 必須ではないが、今のうちにやっておく
# reboot         <--- kernel アップデートするので

4) 仮想マシン上でbotlogインストール&設定作業

C:\> vagrant ssh
$ sudo su -
# cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
# vi /etc/sysconfig/clock
ZONE="Asia/Tokyo"

# date         <--- 念のため現在時刻を確認

# yum install httpd
# yum install telnet

# wget http://cerldev.kek.jp/botlog_pas/botlog_pas_20180914_09.tar.gz  <--- ファイル名は最新のモノに
# wget http://cerldev.kek.jp/botlog_pas/botlog_pas_etc_20180914_09.tar.gz
# tar xvzf botlog_pas_20180914_09.tar.gz -C /
# tar xvzf botlog_pas_etc_20180914_09.tar.gz -C /
# ldconfig
# restorecon -r /opt/OperationLog/
# chkconfig httpd on
# service httpd restart
# sudo -u apache /opt/OperationLog/PrintAnyServer/bootPas.sh

これで

http://localhost:8080/

にアクセスして、電子ログと画像ログが表示されればOK

必要ならば /etc/rc.local にPrintAnyServer起動スクリプトを追記して、再起動。

Last modified 13 months ago Last modified on 09/14/18 11:30:32