Changes between Version 19 and Version 20 of misc/botlog_pas


Ignore:
Timestamp:
08/24/18 16:01:05 (14 months ago)
Author:
michkawa
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • misc/botlog_pas

    v19 v20  
    44 
    55KEK cERL/PF 加速器の運転のため、電子ログシステム(botlog)と画像ログシステム(!PrintAnyServer)を開発した。[[br]] 
    6 2018年加速器学会でも報告している([https://www.pasj.jp/web_publish/pasj2018/abstracts/index.html Abstract ページ]「Webベース電子ログ及び画像ログシステムの開発」WEP102) 
     62018年加速器学会でも報告している([https://www.pasj.jp/web_publish/pasj2018/abstracts/index.html Abstract ページ] [https://www.pasj.jp/web_publish/pasj2018/abstracts/html/WEP102.htm 「Webベース電子ログ及び画像ログシステムの開発」WEP102]) 
    77 
    88= 使い方 = 
     
    3838(この問題はいつかは解決する予定だが、現時点では優先順位は高くない。要望があれば連絡して欲しい。) 
    3939 
    40 === 余談 === 
    41  
    42 CentOS6.10 x86_64 をminimalインストール後に、デフォルト状態のまま(botlog,PrintAnyServer本体のみ)でよければ、{{{httpd}}}だけ追加すれば動作した。[[br]] 
    43 他にも配布パッケージをコピーするために{{{wget}}}を、PrintAnyServerの状態確認のために{{{telnet}}}を入れたが、動作には関係ない。[[br]] 
     40 
     41== Webクライアント == 
     42 
     43現在開発に使用しているのは、主にWindows版chromeなので、これを推奨する。[[br]] 
     44firefox,edge,safariでもWeb画面の印刷機能以外は、動作を確認している。[[br]] 
     45IEは動作しないので、使用しないこと。[[br]] 
     46 
     47多分、ここ2~3年以内に更新されているHTML5対応のWebクライアントならば、ほとんどのものは使用可能だと思われるが、保証の限りではない。[[br]] 
     48 
    4449 
    4550== パッケージ展開 == 
     
    7580 
    7681{{{ 
    77 [root@localhost ~]# tar zxf botlog_pas_xxxxxx.tar.gz -C / 
     82[root@localhost ~]# tar zxvf botlog_pas_xxxxxx.tar.gz -C / 
    7883}}} 
    7984 
     
    274279PROC_PORT=20200 
    275280 
    276 $PROCSERV -P $PROC_PORT -L $PROC_LOG -c $PAS_TOP $PYTHON $PAS $PAS_CONFIG 
     281cd $PAS_TOP 
     282$PROCSERV -P $PROC_PORT -L $PROC_LOG $PYTHON $PAS $PAS_CONFIG 
    277283}}} 
    278284 
    279285通常は、{{{PAS_CONFIG}}}で設定ファイルの名前を変更する程度だが、実際に使用する際には、環境に合わせてスクリプトの内容は変更してから使用すること。[[br]] 
     286 
     287PrintAnyServerを通常運用する場合には、以下のコマンドを{{{crontab の@reboot}}}に設定するか {{{/etc/rc.local}}}に記述すると、サーバー起動時に自動的に実行されるようになる。 
     288 
     289{{{ 
     290sudo -u apache /opt/OperationLog/PrintAnyServer/bootPas.sh 
     291}}} 
     292 
    280293 
    281294