Changes between Version 22 and Version 23 of misc/botlog_pas


Ignore:
Timestamp:
08/27/18 14:31:49 (14 months ago)
Author:
michkawa
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • misc/botlog_pas

    v22 v23  
    1414パッケージは以下のURLからダウンロードできる。インストールや運用は、サーバーシステム管理者でroot権限を持っていることを前提としている。 
    1515 
    16 [http://cerldev.kek.jp/botlog_pas/botlog_pas_20180827_08.tar.gz botlog & PrintAnyServer パッケージ(2018/08/27版)][[br]] 
     16[http://cerldev.kek.jp/botlog_pas/botlog_pas_20180827_13.tar.gz botlog & PrintAnyServer ソースパッケージ(2018/08/27版)][[br]] 
     17[http://cerldev.kek.jp/botlog_pas/botlog_pas_etc_20180827_13.tar.gz botlog & PrintAnyServer 設定パッケージ(2018/08/27版)][[br]] 
     18 
     19ソースパッケージはプログラムソースのみをまとめてあり、設定パッケージは、プログラムを実行するために必要な環境設定をまとめてある。 
     20 
    1721 
    1822== インストール環境 == 
     
    5357電子ログシステム関連のプログラムのほとんどは、{{{/opt/OperationLog}}}に置くようにしてある。[[br]] 
    5458追加/上書きされるディレクトリ一覧は、次のようになっている。 
     59 
     60ソースパッケージの内容は、以下の様になっている。 
    5561 
    5662{{{ 
     
    6470                 /local              環境用プログラム(python2.7等) 
    6571                 /log                ログ保存ディレクトリ 
    66  
     72}}} 
     73 
     74設定パッケージの内容は、以下の様になっている。 
     75 
     76{{{ 
    6777/var/www/html                        初期サイトディレクトリ 
    6878             /printView                PrintAnyServer用ディレクトリ(/opt/OperationLog/PrintAnyServer/Printviewへのシンボリック) 
     
    7888}}} 
    7989 
    80 そのまま上書きする場合には、rootで実行する必要がある。 
     90環境も含めて一括で設定したい場合には、両方のパッケージを展開すれば、実行可能な状態になる。[[br]] 
     91設定環境を自分で構築する場合には、ソースパッケージのみを展開後、自分で設定を行う必要がある。[[br]] 
     92 
     93これらのパッケージをそのまま展開する場合には、rootで実行する必要がある。 
    8194 
    8295{{{ 
    8396[root@localhost ~]# tar zxvf botlog_pas_xxxxxx.tar.gz -C / 
    84 }}} 
     97[root@localhost ~]# tar zxvf botlog_pas_etc_xxxxxx.tar.gz -C / 
     98}}} 
     99 
     100 
    85101 
    86102展開後、ライブラリパスを設定し、{{{/opt/OperationLog/local/lib}}}を使用可能にする。