Changes between Version 28 and Version 29 of misc/botlog_pas


Ignore:
Timestamp:
09/05/18 17:06:52 (12 months ago)
Author:
michkawa
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • misc/botlog_pas

    v28 v29  
    1111 * [wiki:/misc/botlog_pas/users_manual/pas PrintAnyServerの使用方法] 
    1212 
    13 = パッケージインストール = 
    14  
    15 パッケージは以下のURLからダウンロードできる。インストールや運用は、サーバーシステム管理者でroot権限を持っていることを前提としている。 
    16  
    17 [http://cerldev.kek.jp/botlog_pas/botlog_pas_20180827_16.tar.gz botlog & PrintAnyServer ソースパッケージ(2018/08/27版)][[br]] 
    18 [http://cerldev.kek.jp/botlog_pas/botlog_pas_etc_20180827_16.tar.gz botlog & PrintAnyServer 設定パッケージ(2018/08/27版)][[br]] 
    19  
    20 ソースパッケージはプログラムソースと実行環境をまとめてあり、設定パッケージは、プログラムを実行するために必要な環境設定をまとめてある。 
     13= tarballインストール = 
     14 
     15tarballは以下のURLからダウンロードできる。インストールや運用は、サーバーシステム管理者でroot権限を持っていることを前提としている。 
     16 
     17[http://cerldev.kek.jp/botlog_pas/botlog_pas_20180827_16.tar.gz botlog & PrintAnyServer ソースtarball(2018/08/27版)][[br]] 
     18[http://cerldev.kek.jp/botlog_pas/botlog_pas_etc_20180827_16.tar.gz botlog & PrintAnyServer 設定tarball(2018/08/27版)][[br]] 
     19 
     20ソースtarballはプログラムソースと実行環境をまとめてあり、設定tarballは、プログラムを実行するために必要な環境設定をまとめてある。 
    2121 
    2222== 検証環境 == 
     
    3333 
    3434のみで動作検証している。[[br]] 
    35 これは各パッケージ中に、コンパイル済の python2.7、epics_base とapache用 mod_wsgi.so が入っているためなので、 
     35これは各tarball中に、コンパイル済の python2.7、epics_base とapache用 mod_wsgi.so が入っているためなので、 
    3636もし別のOSにインストールする場合には、これらを別途コンパイルするか、OSのpackageとpythonのpackageを自力でインストールする必要がある。 
    3737 
    38 また、設定パッケージをインストールするとapache関連の設定も上書きするので、既存のサーバーにインストールする際には、一旦別ディレクトリに展開するなどの注意が必要。[[br]] 
     38また、設定tarballをインストールするとapache関連の設定も上書きするので、既存のサーバーにインストールする際には、一旦別ディレクトリに展開するなどの注意が必要。[[br]] 
    3939なるべくなら新規のサーバーか仮想マシン上に展開するほうがいい。 
    4040 
     
    5555 
    5656 
    57 == パッケージ展開 == 
     57== tarball展開 == 
    5858 
    5959電子ログシステム関連のプログラムのほとんどは、{{{/opt/OperationLog}}}に置くようにしてある。[[br]] 
    6060追加/上書きされるディレクトリ一覧は、次のようになっている。 
    6161 
    62 ソースパッケージの内容は、以下の様になっている。 
     62ソースtarballの内容は、以下の様になっている。 
    6363 
    6464{{{ 
     
    7474}}} 
    7575 
    76 設定パッケージの内容は、以下の様になっている。 
     76設定tarballの内容は、以下の様になっている。 
    7777 
    7878{{{ 
     
    9090}}} 
    9191 
    92 環境も含めて一括で設定したい場合には、両方のパッケージを展開すれば、実行可能な状態になる。[[br]] 
    93 設定環境を自分で構築する場合には、ソースパッケージのみを展開後、自分で設定を行う必要がある。[[br]] 
    94  
    95 これらのパッケージをそのまま展開する場合には、rootで実行する必要がある。 
     92環境も含めて一括で設定したい場合には、両方のtarballを展開すれば、実行可能な状態になる。[[br]] 
     93設定環境を自分で構築する場合には、ソースtarballのみを展開後、自分で設定を行う必要がある。[[br]] 
     94 
     95これらのtarballをそのまま展開する場合には、rootで実行する必要がある。 
    9696 
    9797{{{ 
     
    100100}}} 
    101101 
    102 設定パッケージを展開して実行する場合には、以下の設定を実行する。[[br]] 
     102設定tarballを展開して実行する場合には、以下の設定を実行する。[[br]] 
    103103 
    104104 * ライブラリパスを設定し、{{{/opt/OperationLog/local/lib}}}を使用可能にする。 
     
    162162== 動作確認 == 
    163163 
    164 ソースパッケージと設定パッケージの両方をインストールすると、直ぐにシステムが稼働できる状態になる。 
     164ソースtarballと設定tarballの両方をインストールすると、直ぐにシステムが稼働できる状態になる。 
    165165 
    166166同一ネットワーク上のPCでWebブラウザを立ち上げて、それぞれ{{{http://(HOSTNAMEorIPADDR)/botlog/edit}}}と{{{http://(HOSTNAMEorIPADDR)/printView}}}にアクセスすると画面が表示されるはずである。[[br]]