Changes between Version 2 and Version 3 of misc/botlog_pas


Ignore:
Timestamp:
08/20/18 10:07:11 (14 months ago)
Author:
michkawa
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • misc/botlog_pas

    v2 v3  
    119119=== 動作確認 === 
    120120 
    121 同一ネットワーク上のPCでWebブラウザを立ち上げて、それぞれ{{{http://(HOSTNAMEorIPADDR)/TEST/botlog/edit}}}と{{{http://(HOSTNAMEorIPADDR)/printView}}}にアクセスすると画面が表示されるはずである。 
    122  
     121同一ネットワーク上のPCでWebブラウザを立ち上げて、それぞれ{{{http://(HOSTNAMEorIPADDR)/TEST/botlog/edit}}}と{{{http://(HOSTNAMEorIPADDR)/printView}}}にアクセスすると画面が表示されるはずである。[[br]] 
     122下記の画面は、電子ログシステム起動後に入力した画面の例。 
    123123 
    124124 
    125125[[Image(2018_08_17_18_08_56.png,300)]][[Image(2018_08_17_18_09_17.png,300)]] 
    126  
    127126 
    128127 
     
    141140=== botlog === 
    142141 
    143 ==== サイト名変更 ==== 
     142==== URL変更 ==== 
    144143接続先URLが、{{{/TEST/botlog/***}}}となっているので、これを変更する。[[br]] 
    145144 
    146145修正するファイルは、{{{/opt/OperationLog/botlog/modules/botlogConfig.py}}}。このファイルは、{{{/opt/OperationLog/botlog/botlogConfig_default.py}}}のシンボリックなので、一旦シンボリックを削除して、{{{botlogConfig_default.py}}}をコピーしてから修正する。[[br]] 
    147146 
    148 今回は{{{"EUJP"}}}する。 
     147今回は{{{"EUJP"}}}に変更する。 
    149148 
    150149ここからは、管理ユーザーで行う。 
     
    219218但し、idが0,1は特別な意味を持っているので、設定は変更しないこと。[[br]] 
    220219 
    221 データがない初期状態ならば、テーブルを一括で作成するスクリプトを作成しているので、それを利用すると一括でテーブルを再構築する。 
     220データがない初期状態ならば、テーブルを一括で作成するスクリプトを作成しているので、それを利用すると一括でテーブルを再構築する。[[br]] 
     221'''このスクリプトは一度全てのテーブルを削除するので、消してもいいデータしかない場合以外は実行しないこと。'''[[br]] 
    222222 
    223223 * sqlite3 の場合 
     
    234234 }}} 
    235235 
     236テーブルがない状態でこれらのスクリプトを起動すると、いくつかエラーが表示されるが、無視してもいい。 
    236237 
    237238=== !PrintAnyServer === 
    238239 
    239  
     240==== 設定 ==== 
     241''' 
     242設定の変更は管理ユーザーで行うが、プログラムの実行は{{{root}}}で行うので注意。'''[[br]] 
     243ディレクトリ名をbotlogと合わせるようにする場合には、設定ファイルと{{{/var/www/html/~}}}のディレクトリ名を変更する。[[br]] 
     244 
     245ここでは、例としてbotlogと同じく{{{EUJP}}}としておく。[[br]] 
     246 
     247まずは、設定ファイル名が{{{test.cfg}}}になっているので、これを適当なものに変更する。[[br]] 
     248 
     249{{{ 
     250[user@localhost ~]$ cd /opt/OperationLog/PrintAnyServer/conf 
     251[user@localhost conf]$ cp test.cfg eujp.cfg 
     252}}} 
     253 
     254次に設定を変更する。[[br]] 
     255 
     256{{{ 
     257[user@localhost conf]$ vi eujp.cfg 
     258   : 
     259[server] 
     260rcvHost=0.0.0.0 
     261host=localhost 
     262port=9090 
     263root=/EUJP 
     264debug=1 
     265reload=0 
     266   : 
     267[URL] 
     268baseURL=/EUJP/printView/Print 
     269convURL= 
     270   : 
     271}}} 
     272 
     273URLに設定したディレクトリから参照できるように、実ディレクトリを移動する。ここは{{{root}}}で作業[[br]] 
     274 
     275{{{ 
     276[root@localhost ~]$ cd /var/www/html 
     277[root@localhost html]$ mkdir EUJP 
     278[root@localhost html]$ mmv printView EUJP 
     279}}} 
     280 
     281==== 動作確認 ==== 
     282 
     283PrintAnyServerは、サーバー起動後にWeb画面から画像を登録して動作を確認する。[[br]] 
     284正常に動作すれば画像が表示され、{{{/opt/OperationLog/data/pas}}}に日付ディレクトリとindex_list.txtというファイルが作成される。[[br]] 
     285動作しない場合は、ほとんどがログファイル周りなので、{{{/var/log/httpd/error_log}}}でエラーが発生していないかを確認する。[[br]] 
     286エラーが発生している場合には、{{{/opt/OperationLog/log/pas/*.log}}}のパーミッションを755にして、 
     287 
     288