Changes between Version 5 and Version 6 of misc/processing/setup_ar


Ignore:
Timestamp:
08/19/14 18:50:00 (5 years ago)
Author:
obina
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • misc/processing/setup_ar

    v5 v6  
    3838   * 手っ取り早くは Example (フォルダ Processing\libraries\nyar4psg\examples\for2.x\simpleLite の下にある data, code) をコピーしてしまう 
    3939 * 画像を準備 
    40    * 加速キッズ(http://kids.kek.jp/index.html)のキャラクターを使う(KEK外部で使う場合には著作権・使用許諾条件に注意) 
     40   * 加速キッズ( http://kids.kek.jp/index.html )のキャラクターを使う(KEK外部で使う場合には著作権・使用許諾条件に注意) 
    4141   * ファイルの背景を透過GIFに変換して、ローカルフォルダに保存 
    4242      * 現在の例では Documents\Processing\sketch_140807c\data に保存した。 
     
    1011013次元ファイル形式のなかで、Wavefront Obj 形式を表示するために、saitoobjloaderを使う 
    102102 * https://code.google.com/p/saitoobjloader/ 
     103[[Image(wiki:misc/processing/file:processing_installObjLoader1.png)]] 
    103104 * Download ページから OBJLoader.zip version 0.23b をダウンロード 
    104105 * NyARToolkitと同様に、Document\Processing\libraries\OBJLoader に展開 
     106[[Image(wiki:misc/processing/file:processing_installObjLoader2.png, 500px)]] 
    105107 * Processingを再起動し、OBJLoaderが Library のところに表示されていることを確認 
     108[[Image(wiki:misc/processing/file:processing_installObjLoader3.png, 350px)]] 
    106109 * sketchを名前をつけて保存しなおす。今回は sketch_140807d とした 
    107  * Documents\Processing\libraries\OBJLoader\examples\OBJLoader_Multi_Models_MATTD\data にある cassini.obj, cassini.mtl をスケッチのdataフォルダへコピーする 
     110 * Documents\Processing\libraries\OBJLoader\examples\OBJLoader_Multi_Models_MATTD\data にある cassini.obj, cassini.mtl をスケッチのdataフォルダへコピーして、以下のコードを入力。 
    108111 
    109112{{{ 
     
    169172} 
    170173}}} 
    171  
     174[[Image(wiki:misc/processing/file:processing_installObjLoader4.png, 400px)]]