wiki:epics/saverestore

Version 3 (modified by obina, 7 years ago) (diff)

--

Save/Restore の使い方

ダウンロード・インストール

  • ダウンロードしたファイルを extensions/src 以下に展開
    • configure/RELEASE で base ディレクトリを指定
    • make

test Application 作成

ここでは例として waveform レコードを初期化する方法について記載します。 (本来の save/restore ではなく restore 部分のみ使うやり方です。邪道かどうかは知りません。)

  • いつものように makeBaseApp.pl
  • configure/RELEASE で参照する場所を指定する
    AUTOSAVE=$(EPICS_BASE)/../extensions/src/autosave-R5-7-1
    
  • src ディレクトリで Makefileを編集。以下の2行を追加する。
    # for autosave
    <appname>_DBD  += asSupport.dbd
    <appname>_LIBS += autosave
    
  • db ファイル作成し、waveformレコードを1つ作る
    record(waveform, "obina:wf1")
    {
         field(DESC, "Analog input")
         field(INP,  "")
         field(NELM, "10")
         field(FTVL, "DOUBLE")
    }
    

実行例1:saveせず、単に初期値を設定したいとき

iocBoot ディレクトリでの作業

  • st.cmd を編集して set_pass1_restoreFile の1行を追加する(iocInitの前)
    .... (snip) ....
    dbLoadRecords "db/wf1.db"
    ...
    # for autosave
    set_pass1_restoreFile("auto.sav")
    
    cd ${TOP}/iocBoot/${IOC}
    iocInit
    .... (snip) ....
    
  • 同じディレクトリに auto.sav というファイルを作成する。中身は1行のみで
    obina:wf1 @array@ { "1" "2" "3" "4" "5" }
    
  • ioc実行(st.cmd)
    [obina@erlserv iocsrtest]$ ./st.cmd
    .... (snip) ....
    iocInit
    Starting iocInit
    ############################################################################
    ## EPICS R3.14.12.2 $Date: Mon 2011-12-12 14:09:32 -0600$
    ## EPICS Base built Jun 25 2012
    ############################################################################
    reboot_restore: entry for file 'auto.sav'
    reboot_restore: Found filename 'auto.sav' in restoreFileList.
    *** restoring from 'auto.sav' at initHookState 7 (after record/device init) ***
    reboot_restore: done with file 'auto.sav'
    
    iocRun: All initialization complete
    
  • caget して、初期化されていることを確認。この例では NELM=10に対して、初期値は5個のみ与えている。
    [obina@erlserv ~]$ caget obina:wf1
    obina:wf1 10 1 2 3 4 5 0 0 0 0 0
    
  • 確認のため st.cmd 内の set_pass1_restoreFile 行をコメントアウトすると初期化されていない。
    [obina@erlserv ~]$ caget obina:wf1
    obina:wf1 10 2.50321e-308 0 0 0 0 0 0 0 0 0
    

この例では簡単のため sav ファイルを st.cmd と同じところにおいていますが、別ディレクトリに置くことは可能です。 各種パラメータの詳細は本家のwebページを参照してください。デバッグメッセージの on/off など、いろいろと設定可能です。